1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン >
  4. 住宅ローンの借り換えに必要な諸費用

ブログ

  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
  • 記事検索
RSS

住宅ローンの借り換えに必要な諸費用

住宅ローンの借り換えには

おおむね借入額の3%程度の諸費用がかかります。


画像


借り換え先や今借りている

住宅ローンの種類などによって異なるので

実際には個別にシミュレーションをして

確認するようにしてください。


ここでは

一般的な借り換え時の諸費用についてお伝えします。


借り換えにかかる諸費用は

借入額の3%程度ですので

たとえば借入額が3000万円であれば約100万円

5000万円であれば約150万円もの

諸費用がかかります。


それでは

借り換えにかかる諸費用の中身を確認していきましょう。


借り換えにかかる諸費用


<新たな借り換え先の金融機関に払う諸費用>


①金融機関宛て事務手数料(融資手数料型商品の場合)

借入額の2.2%

(例)借入額3000万円 ×2.2%=66万円


②保証会社宛て保証料(保証料型商品の場合)

借入額、返済期間、返済方法によって異なるが

最大で借入額の2%程度

(例)借入額3000万円、返済期間30年、元利均等返済

⇒保証料約58万円


※最近は融資手数料型の商品が主流だが

保証料型商品を選ぶ場合は

①の金融機関宛て事務手数料の代わりに

保証会社宛ての保証料がかかる。

融資手数料型商品を選択した場合は

この保証料は不要。

つまり選択した商品によって

①か②のいずれかの諸費用ががかかる。


③印紙代

金銭消費貸借契約書に貼る印紙

電子契約であれば無料。

従来の書面契約ならば借入額に応じて

以下の金額が必要。

借入額印紙代
1000万円超5000万円以下2万円
5000万円超1億円以下6万円
1億円超5億円以下10万円


④保証会社宛て手数料

金融機関によっては

①事務手数料(融資手数料)や②保証料とは別に

2~3万円程度かかる場合がある。

かからない金融機関も多い。


⑤金利選択手数料

当初固定金利を選択する場合

金融機関によっては1~2万円程度かかる場合がある

変動金利を選択した場合は不要。

そもそもかからない金融機関の方が多い


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<従前の借入先金融機関に払う諸費用>


⑥完済手数料

金融機関や商品によって異なるが

一般的には2~5万円程度


⑦経過利息

前回の返済日から完済日までの未払い利息を

払う必要がある。

ボーナス併用返済を選択している場合

経過利息が10万円程度になる場合もある。

借り換え先の金融機関のシミュレーションでは

経過利息の計算までは出ないので要注意


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<司法書士に支払う登記費用>


⑧抵当権抹消登記費用

従前のローンの抵当権を抹消する費用

ローンの本数にもよるが

一般的には2~3万円程度


⑨抵当権設定登記費用

新たに借りるローンの抵当権を設定する費用

登記費用の内訳は以下の通り

費目支払先金額
登録免許税借入額×0.4%
司法書士報酬司法書士相場は10万円前後
※司法書士によって
異なる


※登記されている住所が現住居と異なる場合は

「住所変更登記費用」が別途2万円程度かかる


※出張の回数が多かったり

調査にかかる費用が多い場合は

別途「出張費用」「日当」がかかることもある



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<借り換えに伴い戻ってくる費用>


⑩戻し保証料


現在借り入れしているローンが保証料型のローンであり

借入れ当初保証料を一括で払った場合は

戻し保証料が返金されることがある


(例)当初借入額5000万円、35年元利均等返済

5年後に完済した場合・・・戻し保証料:約63万円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


借り換えにかかる諸費用についての説明は

以上の通りですが、

よりイメ―ジがしやすいように

最近借り換えをされたKさんの事例で

かかった費用を見てみましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<Kさんの借り換え事例>


借入額:3,630万円(ローン残高3511万円+諸費用119万円)


事務手数料798,600
登記費用270,000
完済手数料33,000
経過利息90,000
合計(概算)1,191,600


借り換えにかかった諸費用・・・119万円


119万円 ÷ 3630万円 = 3.28%


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


結構かかりますね!


借り換えには多額の諸費用がかかります。

ただし、ほとんどの人は

諸費用を自己資金で払うことはしません。


ローンの残高に諸費用を上乗せして借り入れをし

融資を受けた金額から

諸費用を支払うのが一般的です。


そのため

諸費用も含めて借り入れをして

それでもメリットが出るかどうかを

シミュレーションで確認して

借り換えをする必要があります。


Kさんの事例でも

諸費用も借り入れをしているので

持ち出しはゼロ円です。


そして諸費用も含めて借り入れをしても

総返済額を▲234万円も削減できたので

借り換えをしてだいぶ得をされました。


ただし、人によっては借り換えをすると

損するケースもあります。


借り換えに伴う諸費用は

うっかり見落としがちです。


ローンの契約した後で

司法書士や従前の金融機関から費用の案内があって

初めて知ったという

ケースも少なくありませんので

事前にきちんと確認するよう

注意をしてください。