• 記事検索
  • Search
  • 平井美穂のプロフィール
  • プロフ写真バック緑
  • 今月の金利
  • 今月のフラット35住宅ローン金利
    今月の都市銀行住宅ローン金利

  • 過去の金利推移
  • 20190801フラット金利推移(35年)
  • リロクラブと提携
  • リロクラブ ロゴ
RSS
本日の日本経済新聞朝刊「新社会人応援講座」で

取材記事が掲載されました。


新社会人が家計管理をする上で

目安としたい生活費の内訳を紹介しています。

日経新聞記事はこちら


記事の中で

生活に最低限必要な支出は

額面給与の55%くらいかかると紹介しています。

内訳は、家賃21%、食費25%、光熱費5%、通信費が4%です。

社宅で一人暮らしをする新入社員がモデルとなっています。



この比率の根拠となっているデータは

総務省家計調査の

一人暮らしをする20代~30代前半の勤労者世帯の

費目別一ヶ月あたりの支出平均額が元になっています。


仮に、新社会人の初任給が20万円だとすると

家賃は4万円台

食費は5万円(外食含む)

水道光熱費は1万円

通信費は8000円くらい

の目安です。


家計管理をする上で

一つの目安として参考にしていただければと思います。



一方で、実際には

人によって何にいくら使いたいか優先順位が異なるので

厳密に平均の比率を守る必要はありません。


毎月いくら貯めるという目標貯蓄額さえ守れば

後は自由に使ってもいいと個人的には思います。


普段のコンサルタントでも

そのクライアントの家計の場合には

何歳までに教育費や老後資金をいくら貯める必要があるか

一生涯の家計診断から導き出します。


いつまでにいくらの貯蓄が必要か明らかになったら

今度はそこから逆算して

毎月の貯蓄額、年間貯蓄額の目標を定め

実行していただくようアドバイスをします。


具体的な目標ができると

貯蓄が上手にできるようになります。



まずは一生涯の収支を計算し

いつまでにいくら貯める必要があるのか

把握することからはじめてみてください。


家計診断のご相談は平井FP事務所まで

お問い合わせください

ご縁をいただきロータリークラブで

日本の住宅業界・金融業界そして

ファイナンシャルプランナー業界の現状について

お話しをさせていただきました。


81979


不動産販売、金融機関での融資・資産運用相談を経て

ファイナンシャルプランナーとして独立


20年以上かけて5,000件のお客様の相談にのり

一般の消費者と近に立場で

さまざまな問題を実際に目にしてきました。



金融自由化

金利の低下、カネ余り

不動産価格の高騰

少子高齢化、晩婚・非婚化

収入の伸び悩み・社会保障の縮小など

あらゆる社会背景の中で今現場で何が起こっているのか




住宅業界の問題点

金融業界の問題点

そして業界の外に出て

ファイナンシャルプランナーとして家計相談にのることで

はじめて見えてきたことなど

お伝えしました。


70812025_1320028741497443_7023408694566060032_n


住宅ローンの返済に追われて

なんのために家を買ったのか後悔するようなこと


一生懸命働いて貯めたお金を

間違った運用で減らしてしまい

途方に暮れるようなこと


こうした誤った経済行動で

不幸になる人が一人でも少なくなるよう

日々活動を続けていきたいと思います。


81981

フラット35 前月比▲0.06% 4ヶ月連続引き下げ

(返済期間21~35年)・・・1.11%(団信料込み)

(返済期間15~20年)・・・1.05%


(※)融資率9割以下(自己資金1割以上)の最低金利





【フラット35 2019年9月実行金利】

<融資率9割以下>
返済期間適用金利
21~35年1.11%(前月比 ▲0.06%)
15~20年1.05%(前月比 ▲0.06%)



<融資率9割超 >
返済期間適用金利
21~35年1.55%(前月比 ▲0.06%)
15~20年1.49%(前月比 ▲0.06%)



※フラット35は自己資金の割合や、返済期間によって適用金利が異なります。

※フラット35は取扱金融機関によって金利が異なります。
 表示は自己資金1割以上または1割未満向けに
 最低金利で取り扱っている金融機関のものです。

※フラット35は融資実行時(引渡時)の金利が適用となります。





さらに、「フラット35S」適用物件は

当初10年間または5年間▲0.25%の金利優遇


「フラット35S」・・・省エネ・耐震性・バリアフリーなど
            性能面で特に優れた良質な住宅向けに
            当初10年間、もしくは5年間金利を優遇する制度



<フラット35S(高性能住宅)とフラット35(一般住宅)の金利>
融資額割合
と返済期間
フラット35S
(Aプラン)
フラット35S
(Bプラン)
フラット35
(一般住宅)
融資率9割以下
返済期間21~35年


(当初10年間)
0.86%

(11年目以降)
1.11%
(当初5年間)
0.86%

(6年目以降)
1.11%
(全期間)
1.11%


融資率9割以下
返済期間15~20年


(当初10年間)
0.80%

(11年目以降)
1.05%
(当初5年間)
0.80%

(6年目以降)
1.05%
(全期間)
1.05%


融資率9割超
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.30%

(11年目以降)
1.55%
(当初5年間)
1.30%

(6年目以降)
1.55%
(全期間)
1.55%


融資率9割超
返済期間15~20年


(当初10年間)
1.24%

(11年目以降)
1.49%
(当初5年間)
1.24%

(6年目以降)
1.49%
(全期間)
1.49%









2019年10月にフラット35の制度が見直しされる予定です。

消費増税に伴う景気対策の一環として行われる制度改正になります。

改正点の目玉は

自己資金1割未満(融資率9割超)の人の金利が引き下げられる点です。


これまで融資率9割超(自己資金1割未満)の金利は

融資率9割以下(自己資金1割超)の金利より

0.44%高くなっていました。

10月以降は

この差が0.44%から0.26%に

縮小される見込みです。


例えば、9月の金利で比べてみると

返済期間21年~35年の

融資率9割超の金利は1.55%ですが、

これが1.37%になる計算です。


※9月の金利を例に比較
返済期間
21~35年の場合
<制度変更前>
<制度変更後>
<変更内容>
融資率9割以下
の金利
1.11%
1.11%
変更なし
融資率9割超
の金利
1.55%
1.37%
▲0.18%




その他、フラット35の変更点として

地方移住者向け金利優遇の拡充や

住宅価格の規制撤廃があります。


住宅購入者向け助成制度は

意外と知られていないものも多いですが

政策ブームにうまくのれれば

増税以上に大きな経済メリットを享受できます。



このタイミングで住宅購入を検討している人は

せっかくある制度を上手に活用して下さい。



住宅購入時のお悩みは平井FP事務所まで

お問い合わせください。





2019年9月の都市銀行の金利はこちら⇒2019年9月住宅ローン金利(都市銀行)

過去の金利情報はこちら⇒フラット35 過去の金利




関連ブログ↓

フラット35Sの認定基準


『フラット35』融資対象が諸費用まで拡大!!


2017年10月『フラット35』制度改正 団信料金利組み込みに!!

都市銀行住宅ローン

長期金利低下をうけ、

みずほ銀行・りそな銀行の長期固定金利が引き下げに!!

変動金利・短期固定金利は変わらず。






【10年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名

店頭申込
(11年目以降優遇)
<前月比>
ネット申込
(11年目以降優遇)
<前月比>
三菱UFJ銀行

0.69%
(▲1.6%)
<不変>
0.59%
(▲1.6%)
<不変>
三井住友銀行

1.00%
(▲1.4%)
<不変>
1.00%
(▲1.4%)
<不変>
みずほ銀行

0.70%
(▲1.85%)
<不変>
0.60%
(▲1.95%)
<不変>
りそな銀行

0.605%
(▲1.6%)
<▲0.05%>
0.605%
(▲1.6%)
<▲0.05%>





【35年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
店頭申込
<前月比>
ネット申込
<前月比>
三菱UFJ銀行
1.49%
<不変>

三井住友銀行
1.59%
<不変>
1.59%
<不変>
みずほ銀行
1.13%
<▲0.05%>
1.105%
<▲0.05%>
りそな銀行
1.20%
<▲0.05%>
1.20%
<▲0.05%>





【変動金利  都市銀行4行の比較】
金融機関
店頭申込
(金利優遇)
ネット申込
(金利優遇)
前月比
三菱UFJ銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
三井住友銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.500%
(▲1.975%)
不変
みずほ銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
りそな銀行
0.525%
(▲1.95%)
0.525%
(▲1.95%)
不変



※金利は保証料一括払い型、
 新規借入(借換のぞく)の商品で
 最優遇が受けられた場合の金利です。

 審査の結果によっては
 表示の金利より高くなることがあります。



※提携ローンや手数料型ローン、借換専用ローンの場合は
上記金利と異なる場合があります。





銀行の住宅ローンは

金利を細分化する動きが活発です。

例えば、

同じ銀行の10年固定金利でも

諸費用の支払い方法として

保証料を保証会社に支払うのか

銀行に事務手数料を支払うのかによって

金利が異なります。



また、保証料を支払う選択をした場合でも

一括現金で支払うのか

あるいは金利に上乗せして毎月の返済の中で支払っていくのかによっても

金利が異なります。


さらに、借換か新規かでも異なりますし

自己資金の出資割合によっても異なります。


そしてホームページからはわかりにくい部分ですが

住宅ローンの金利というのは

審査の結果によって自分に適用される金利が何%か

最終的に分かるしくみになっています。


とても複雑で面倒になってきますよね。



ただ、金利が0.1%違うだけで

総返済額は100万円変わります
(5,000万円を35年元利均等返済で借りる場合)。


過去には

銀行のホームページに記載されている変動金利0.5%で

借りるつもりで不動産の売買契約をしたお客様が

審査が終わってふたを開けてみると

融資をしてもらえる金利は

なんと0.9%になってしまったというケースがありました。


0.5%と0.9%では毎月返済額が約9千円あがり

総返済額は379万円も増えます。


もっと金利が低い金融機関で借りられないか

探す時間があればよかったのですが

不動産契約を締結してしまった後なので

時間がなく

やむを得ず0.9%でローンを借りていました。



住宅探しをはじめる前には

自分が借りられる金額や金利を

ある程度把握しておくと安心です。


住宅購入で失敗しないためには

モデルルームに行く前に

適正予算と

自分が借りられるローンの金額や金利・

月々返済額を確認するようにしてください。




住宅ローンや住宅購入についてのご相談は

20年・5,000件超の相談実績を誇る

平井FP事務所まで

お問い合わせください。






フラット35の金利はこちら⇒2019年9月住宅ローン金利(フラット35)

過去の金利情報はこちら⇒都市銀行 過去の住宅ローン金利

お客様の新居が完成しました。

DSC_3782


注文住宅で戸建てを新築されたご夫婦ですが

予算決めから完成引渡まで約1年間

コンサルタントをさせていただきました。


家計診断をして適正予算を算出させていただいた後は

土地探しから工務店選びまでご自身ですすめられましたが

とても上手にマイホームを新築された成功事例なので

成功のコツを教えてもらいました。


これからマイホームを建築予定の方は

参考にしてください。

DSC_3606





Q)注文建築を成功させるコツはなんでしょうか?


成功への秘訣その1)事前に適正予算を把握しておくこと


理想のライフプランを実現しながら

無理なく返せる住宅ローンの借入額がいくらかわからないと

身動きがとれないと思います。


実際自分たちも、キャッシュフロー表提案で家計診断してもらうまでは

話を前に進められませんでした。


予算によって立地が大きく変わってきますし

いざ気に入った場所が見つかっても

適正予算を把握していないと

スピーディーな動きができません。


購入するかどうか迷っているうちに

他の人にその土地を買われてしまう

だからといって焦って買って

取り返しのつかない失敗はしたくない。



一方、事前に適正予算を把握し

土地にいくら、建物にいくら費用をかけるか

予算をきちんと決めておけば

予算内で気に入った物件が見つかったときに

安心してスムーズに契約をすることができます。


家探しを始める前に

適正予算を知っておくという

順番が重要です。

DSC_3802




成功への秘訣その2)住宅購入後の生活をイメージして立地をしぼること


都心部では土地価格の方が建物価格よりもはるかに高くなります。

都内の立地に固執してしまうと

どうしても建物予算が削られて

肝心のマイホーム建築で妥協しなくてはならないケースも出てきます。


幸い自分達の場合は

働く場所や通勤スタイルの自由がきくことから

思い切って立地をそれまで住んでいた場所とは

離れたところで検討してみました。


実家が近く、駅にも海にも歩いていける土地だったので

結果として気に入った場所が見つかったことは

発想を変えてみてよかったなと思っています。


53896988_1192373654262953_5017130432953581568_n




成功への秘訣その3)工務店に自分達の要望をしっかり伝えること


DSC_3755


面積や間取りの他、窓の位置や建築資材、住宅設備にいたるまで

工務店任せにせず、自分達の要望をなるべく細かく伝えることです。


今回、外壁やフローリング材、

キッチンタイルなど自分達でみつけた建築資材を工務店に

お願いして使ってもらいました。


イメージが伝わるよう雑誌の切り抜きや

インターネットの画像を渡し

具体的にメーカーや品番を自分達で調べて

工務店に忠実に伝えました。


工務店側からしたら

面倒な要望だったと思いますが

親身に対応してもらえたことは

とても感謝しています。


細部に自分達のこだわりを取り入れてもらえたことで

唯一無二のオリジナリティ溢れる

満足のいくマイホームを建てることができました。



DSC_3758






今回、完成してから5ヶ月経ったタイミングで

久しぶりに新居にお邪魔させて頂きました。


本当に素敵なお宅で

新しく家族に加わったわんちゃんと

相変わらず仲むつまじいお二人の笑顔に

幸せのお裾分けをいただきました。



マイホーム探しの中でも

注文住宅の建築はもっとも難易度の高い方法です。


新築マンションや新築建売住宅とちがって

土地探しから工務店選びまで

自分たちでしなくてはなりません。


代金の支払い方法も

新築マンションや新築建売戸建であれば

契約時に契約金を支払った後は

完成時に残代金をまとめて支払えば済みます。

一方、注文住宅となると

土地の購入時に土地代金を支払い

建物を建築する際には

工事の進捗状況にあわせて

3~4回に分割して代金を支払うことが一般的です。


そのため、ローンの選定方法も十分注意をする必要があります。



そうした中、ここでご紹介した以外に

お二人は資金面でもいろいろと賢い選択をされています。


マイホームを購入するときは

どうしても買いたい気持ちが先走り

冷静な判断力を失いがちですが


お二人は慎重にことをすすめられたこと、

適正予算をきちんと把握して優先順位を整理されたこと、

自分達でできることは時間と労力をさいて努力されたこと

自分達でできないことは上手に専門家の力を借りられたこと


最後までとても上手にマイホームを建てられていました。


素敵なお二人のマイホーム建築のお手伝いに

携わらせて頂き、私もとても幸せでした。


これからマイホームを建築する人は

参考にしてみてはいかがでしょうか?

次のページ