• 記事検索
  • Search
  • 平井美穂のプロフィール
  • プロフ写真バック緑
  • 今月の金利
  • 今月の都市銀行住宅ローン金利
    今月のフラット35住宅ローン金利


  • リロクラブと提携
  • リロクラブ ロゴ
RSS
5月はフラット35の金利が+0.02%上昇しました。


「フラット35」 ※融資額9割未満

返済期間15~20年 1.23%

返済期間21~35年 1.29%
 





<フラット35 過去の金利推移>


過去最低金利・・・0.9%(2016年8月)(団信料含まず)

過去最高金利・・・3.17%(2004年8月)
         5.50%(1991年7月)(「旧公庫」時代)

平均値(※)・・・2.039%(過去15年の平均値)




過去最低金利の0.9%は団信料の支払いが別途毎年必要だった時代のもの。

2017年10月から団信料が金利に組み込まれるようになり

その分0.28%上乗せされました。



過去最低金利の0.9%に

団信料相当0.28%を加算して考えると1.18%となり、

現在の1.27%は

依然史上最低水準の低さということができるでしょう。





【フラット35 2019年5月実行金利】

<融資額9割以下>
返済期間適用金利
21~35年1.29%(前月比 +0.02%)
15~20年1.23%(前月比 +0.02%)



<融資額9割超 >
返済期間適用金利
21~35年1.73%(前月比 +0.02%)
15~20年1.67%(前月比 +0.02%)



※フラット35は自己資金の割合や、返済期間によって適用金利が異なります。

※フラット35は取扱金融機関によって金利が異なります。
 表示は最低金利で取り扱っている金融機関ものです。

※フラット35は融資実行時(引渡時)の金利が適用となります。






「フラット35S」適用物件は

当初10年間または5年間▲0.25%の金利優遇


「フラット35S」・・・省エネ・耐震性・バリアフリーなど
            
            性能面で特に優れた良質な住宅向けに

            当初10年間、もしくは5年間金利を優遇する制度



〈フラット35S(高性能住宅)とフラット35(一般住宅)の金利〉
融資額割合
と返済期間
フラット35S
(Aプラン)
フラット35S
(Bプラン)
フラット35
(一般住宅)
融資額9割以下
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.04%

(11年目以降)
1.29%
(当初5年間)
1.04%

(6年目以降)
1.29%
(全期間)
1.29%


融資額9割以下
返済期間15~20年


(当初10年間)
0.98%

(11年目以降)
1.23%
(当初5年間)
0.96%

(6年目以降)
1.23%
(全期間)
1.23%


融資額9割超
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.48%

(11年目以降)
1.73%
(当初5年間)
1.48%

(6年目以降)
1.73%
(全期間)
1.73%


融資額9割超
返済期間15~20年


(当初10年間)
1.42%

(11年目以降)
1.67%
(当初5年間)
1.42%

(6年目以降)
1.67%
(全期間)
1.67%




    






住宅購入や住宅ローンでお悩みの方は平井FP事務所まで

お問い合わせください。





2019年5月の都市銀行の金利はこちら⇒2019年5月住宅ローン金利(都市銀行)

過去の金利情報はこちら⇒フラット35 過去の金利





関連ブログ↓

フラット35Sの認定基準


『フラット35』融資対象が諸費用まで拡大!!


2017年10月『フラット35』制度改正 団信料金利組み込みに!!

都市銀行住宅ローン 

概ね前月と変わらず低水準ですが

細かくみると

フラット35の金利が今月は0.02%上がったことにあわせるように

35年固定金利が

みずほ銀行と三井住友銀行でわずかに引き上げとなりました
 




【10年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名

店頭申込
(11年目以降優遇)
<前月比>
ネット申込
(11年目以降優遇)
<前月比>
三菱UFJ銀行

0.79%
(▲1.6%)
<不変>
0.69%
(▲1.6%)
<不変>
三井住友銀行

1.10%
(▲1.4%)
<不変>
1.10%
(▲1.4%)
<不変>
みずほ銀行

0.75%
(▲1.85%)
<不変>
0.65%
(▲1.95%)
<不変>
りそな銀行

0.705%
(▲1.6%)
<+0.05%>
0.705%
(▲1.6%)
<+0.05%>





【35年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
店頭申込
(前月比)
ネット申込
(前月比)
三菱UFJ銀行
1.56%
(▲0.03%)

三井住友銀行
1.69%
(+0.01%)
1.69%
(+0.01%)
みずほ銀行
1.30%
(+0.04%)
1.275%
(+0.04%)
りそな銀行
1.35%
(不変)
1.35%
(不変)





【変動金利  都市銀行4行の比較】
金融機関
店頭申込
(金利優遇)
ネット申込
(金利優遇)
前月比
三菱UFJ銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
三井住友銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
みずほ銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
りそな銀行
0.525%
(▲1.95%)
0.525%
(▲1.95%)
不変



※金利は保証料一括払い型の商品で
 最優遇が受けられた場合の金利です。

 審査の結果によっては
 表示の金利より高くなることがあります。



※提携ローンや手数料型ローンの場合は
上記金利と異なる場合があります。





住宅ローンの適用金利は

申込時点の金利ではなく

建物完成・引渡時点の金利です。


そのため、

引渡が半年から2年後となるような

新築マンションや新築戸建ての場合は

建物完成時の金利情勢についてある程度予測をつけて

金融機関や商品を選ぶ必要があります。


今年は10月に消費増税という大型イベントがある年度です。

当面、金利の大幅な上昇はなさそうですが

さらなる利下げがあるかどうか・・・?


できうる準備を完璧にして

チャンス到来の時はチャンスに乗れるよう

対策をして待つようにしましょう。



住宅ローンの得な借り方・返し方

住宅の正しい買い方についてのご相談は

20年・5,000件超の相談実績を誇る

平井FP事務所まで

お問い合わせください。






フラット35の金利はこちら⇒2019年5月住宅ローン金利(フラット35)

過去の金利情報はこちら⇒都市銀行 過去の住宅ローン金利

4月25日に日銀金融政策決定会合が行われました。

黒田総裁
       出所:日本銀行ホームページ

金融政策決定会合では

金利を操作する役割を担っている日本銀行が

今後の金利の上げ下げの方針について

決定事項を発表します。


そのため、

住宅ローン金利の先行きを予測する上でも

注目すべきイベントです。



今回の金融政策決定会合では

「現在の超低金利を2020年春くらいまで維持」

との方針が発表されました。


住宅ローンは

30年くらい長い期間借りるものです。

そのため、

2020年春まではというような

たった1年先の金利の動きで

判断できる話ではありません。


ただ、

低金利時は長期間金利を固定する

というお金を借りる時の基本原則(お金を預ける時はその逆)からすると

固定金利を選ぶチャンスは2020年春までは続きそうです。


個人的には

世界的に金利が下がっている今

さらなる金利引き下げもあるかもしれないと思っています。


特に消費増税後のタイミングで

2016年8月のような35年固定が0.9%といった驚異的な低金利に

なった場合はもはや固定金利を選ばない手はありません。



住宅ローンは建物完成・引渡時の金利が適用となります。


また、金融機関に申込をしてから審査・融資実行まで

早くても1ヶ月くらいはかかるので

一瞬のチャンスをつかみとるのは至難のわざでしょう。



ただ、準備をしておくことは可能です。


予め自分たちの家計にあった住宅ローンはどういうものか

変動金利か固定金利か

返済期間は何年にするべきか

繰上返済はするべきか、しないべきか

夫婦共稼ぎだけれどローンは二人で借りた方がいいのか


こうしたことを事前にしっかり勉強しておき

審査を通していつでも借りられるような状態で

後はチャンスを待つのみという状態にしておくのが理想です。


ただし、中古住宅や完成済みの新築住宅など

購入物件によっては

急いで決めないといけず、

準備にそんなに時間をかけれない場合もあります。


また、難解複雑でネット上には誤った情報もありふれているなか

住宅ローンを素人が勉強するには相当の時間と労力を費やすでしょう。



そういったときはプロの手をうまく活用して下さいね。


住宅ローンや住宅購入についてのご相談は

平井FP事務所までお問い合わせください。



関連記事↓
日本銀行公式サイト

日経新聞

都市銀行住宅ローン 

みずほとりそなが10年固定を引き上げ

みずほ35年固定は引き下げに 




【10年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
店頭申込
(11年目以降優遇)
<前月比>
ネット申込
(11年目以降優遇)
三菱UFJ銀行

0.79%
(▲1.6%)
<不変>
0.69%
(▲1.6%)
三井住友銀行
1.10%
(▲1.4%)
<不変>
1.10%
(▲1.4%)
みずほ銀行
0.75%
(▲1.85%)
<+0.1%>
0.65%
(▲1.95%)
りそな銀行
0.655%
(▲1.6%)
<+0.055%>
0.655%
(▲1.6%)





【35年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
店頭申込
(前月比)
ネット申込
(前月比)
三菱UFJ銀行
1.59%
(不変)

三井住友銀行
1.68%
(不変)
1.68%
(不変)
みずほ銀行
1.26%
(▲0.01%)
1.235%
(▲0.01%)
りそな銀行
1.35%
(不変)
1.35%
(不変)





【変動金利  都市銀行4行の比較】
金融機関
店頭申込
(金利優遇)
ネット申込
(金利優遇)
前月比
三菱UFJ銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
三井住友銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
みずほ銀行
0.625%
(▲1.85%)
0.525%
(▲1.95%)
不変
りそな銀行
0.525%
(▲1.95%)
0.525%
(▲1.95%)
不変



※金利は保証料一括払い型の商品で
 最優遇が受けられた場合の金利です。

 審査の結果によっては
 表示の金利より高くなることがあります。



※提携ローンや手数料型ローンの場合は
上記金利と異なる場合があります。





長期金利が下がっています。

2月は前営業日でマイナスをつけた長期金利。

3月上旬にいったんプラスに転じたものの

3月下旬には再び終値が-0.08%台まで下がりました。


最近は長期金利の動きだけでなく

各金融機関の戦略で金利が決まる傾向があり

長期金利が下がってもすぐに住宅ローンの長期固定金利を下げない

金融機関もあります。



そうした中、4月は

みずほ銀行とりそな銀行の2行が10年固定を引き上げ、

35年固定に関してはみずほ銀行が引き下げたかたちとなりました。



短期金利(短期プライムレート)に連動する

変動金利は今月も変わりません。


いずれにしても金利の上げ下げは微動であり

以前、歴史的な低水準を維持しています。



住宅ローンは申込時点の金利ではなく

引渡日(融資実行日)時点の金利が適用となります。


昔、申込時の金利が適用になった住宅金融公庫の時代には

金利が下がったタイミングで即申込みをして

とりあえず枠だけ確保しておくという裏技が使えましたが

今はそれができません。


できる対策としては

早い段階で住宅ローンの勉強を済ませておき

自分に合ったベストな商品を選び、

審査を通しておくことです。


あとは引き渡しが近くなった時に

金利や諸条件を最終確認して

ローン契約すればいいだけにしておけば

余裕をもって選択することができます。



購入する不動産の条件によって

ケースバイケースですが

できる限り不動産の売買契約前に

住宅ローン審査を受けることを

オススメします。


住宅ローンの得な借り方・返し方

住宅の正しい買い方についてのご相談は

20年・5,000件超の相談実績を誇る

平井FP事務所まで

お問い合わせください。






フラット35の金利はこちら⇒2019年4月住宅ローン金利(フラット35)

過去の金利情報はこちら⇒都市銀行 過去の住宅ローン金利

「フラット35」

返済期間15~20年 0.01%引き下げ⇒1.21%

返済期間21~35年 すえおき     ⇒1.27%
 

今年に入り、

フラット35の金利の指標となる

長期金利(新発10年国債の利回り)が

マイナスの値となっており金利は再び下がり傾向です。


過去4年金利推移


4月のフラット35は

返済期間15年~20年の金利が0.01%引き下げ

返済期間21年~35年の金利は据え置き

となっています。






<フラット35 過去の金利推移>


過去最低金利・・・0.9%(2016年8月)(団信料含まず)

過去最高金利・・・3.17%(2004年8月)
         5.50%(1991年7月)(「旧公庫」時代)

平均値(※)・・・2.039%(過去15年の平均値)




過去最低金利の0.9%は団信料の支払いが別途毎年必要だった時代のもの。

2017年10月から団信料が金利に組み込まれるようになり

その分0.28%上乗せされました。



仮に、過去最低金利の0.9%に団信料0.28%を加算すると

1.18%となり、

現在の1.27%はわずか+0.09%上昇しただけとなります。






【フラット35 2019年4月実行金利】

<融資額9割以下>
返済期間適用金利
21~35年1.27%(前月比 不変)
15~20年1.21%(前月比 ▲0.01%)



<融資額9割超 >
返済期間適用金利
21~35年1.71%(前月比 不変)
15~20年1.65%(前月比 ▲0.01%)




※フラット35は自己資金の割合や、返済期間によって適用金利が異なります。

※フラット35は取扱金融機関によって金利が異なります。
 表示は最低金利で取り扱っている金融機関ものです。

※フラット35は融資実行時(引渡時)の金利が適用となります。






「フラット35S」適用物件は

当初10年間または5年間▲0.25%の金利優遇


「フラット35S」・・・省エネ・耐震性・バリアフリーなど
            
            性能面で特に優れた良質な住宅向けに

            当初10年間、もしくは5年間金利を優遇する制度



〈フラット35S(高性能住宅)とフラット35(一般住宅)の金利〉
融資額割合
と返済期間
フラット35S
(Aプラン)
フラット35S
(Bプラン)
フラット35
(一般住宅)
融資額9割以下
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.02%

(11年目以降)
1.27%
(当初5年間)
1.02%

(6年目以降)
1.27%
(全期間)
1.27%


融資額9割以下
返済期間15~20年


(当初10年間)
0.96%

(11年目以降)
1.21%
(当初5年間)
0.96%

(6年目以降)
1.21%
(全期間)
1.21%


融資額9割超
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.46%

(11年目以降)
1.71%
(当初5年間)
1.46%

(6年目以降)
1.71%
(全期間)
1.71%


融資額9割超
返済期間15~20年


(当初10年間)
1.40%

(11年目以降)
1.65%
(当初5年間)
1.40%

(6年目以降)
1.65%
(全期間)
1.65%




    






住宅購入や住宅ローンでお悩みの方は平井FP事務所まで

お問い合わせください。





2019年4月の都市銀行の金利はこちら⇒2019年4月住宅ローン金利(都市銀行)

過去の金利情報はこちら⇒フラット35 過去の金利





関連ブログ↓

フラット35Sの認定基準


『フラット35』融資対象が諸費用まで拡大!!


2017年10月『フラット35』制度改正 団信料金利組み込みに!!