1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン >
  4. 2024年、引越や投資に良い最強開運日は?

ブログ

  • 記事検索
RSS

2024年、引越や投資に良い最強開運日は?

家を買う時や

株を買う時に

暦は気にしますか?


私は住宅業界にいたので

暦は結構気にしますが

最近は気にしない方も多くなっています。


結婚式の日取りは暦を気にする人が多いですが

家の引越日を気にする人は

減ってきている印象です。


一方で

宝くじを買う人や

経営者の方が新しいビジネスを始めるときには

暦を気にする人もいると思います。


暦にはいろいろな種類がありますが

一粒万倍日と天赦日が重なる日は

最強の開運日で

投資・事始め・起業・引越・結婚などに

良い日とされいます。


来年、2024年は

一粒万倍日と天赦日が重なる日は

4回ありますが

1月1日は最初の最強開運日です。


一粒万倍日1


銀行も証券会社も法務局も日本中全てが

1月1日は休業日なので

残念ながら

株や宝くじを買うのも

家の引き渡しを受けるのも無理です。


わたしは

この最強開運日に

初詣やドリームマップの作成をしたいと考えています。


他の3回の日には

株を買いたいと思っています。


一粒万倍日3


ところで

住宅を購入する時には


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①住宅ローンの契約

②住宅ローンの融資実行日=決済・引渡日

(最終代金の支払いと鍵の引き渡しを受ける日)

③引越日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


という流れになります。


引渡日は融資実行日でもあるので

平日、銀行の営業日となるのが一般的です。


その後、引渡を受けた後に、

土日など休みの日に引越しをするという

流れになります。


暦を気にする人が一番気にするとしたら

③の引越日です。


一粒万倍日や天赦日の他

大安などが引越に良い日とされています。


一粒万倍日5


一方、住宅ローンの借入は

一粒万倍日にしない方がいいとも言われています。


一粒万倍日は良いことも悪いことも

万倍になって返ってくるので

借金が万倍になるとも言われています・・・


ところが

一粒万倍日は1年のうち

何回もあるんです。


一粒万倍日6


さきほどお伝えしたように

住宅ローンを借りる融資実行日は

通常平日なので

土日祝は外していいことになります。


また引き渡し日は月末になることも多いので

気になる方は

月末の平日で一粒万倍日と重なる日だけ

気にしておくといいのかもしれません。


実際には

引渡日は売主の都合によっても決まるので

あまり暦にこだわると

本来の目的を達成できないリスクがあります。


家の引渡日(ローンの借入日)など

相手がいることは

臨機応変に対応して

引越日で調整するのがいいのかもしれません。


一方

投資や起業、新しい習い事を始める

ライフプランや事業計画を作成するといった日は

特に相手を気にする必要がないので

せっかくなら縁起の良い日にすると

いいかもしれません。


まずは2024年元旦の最強開運日に

初詣や目標設定など新しいことを

してみてください。