1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン控除 >
  4. 13年間に拡充された住宅ローン控除のタイムリミットはまもなくです

ブログ

  • 記事検索
  • 新刊発売のご案内
  • 画像
    2020/6/20新発売 好評発売中 
RSS

13年間に拡充された住宅ローン控除のタイムリミットはまもなくです

住宅購入時の税制優遇の一つに

「住宅ローン控除」があります。

ローンを組んでマイホームを取得した場合

10年間にわたり税金が戻ってくる制度です。


このローン控除が今、期間限定で

税金が戻ってくる期間が

本来の10年から13年に延長されているのは

ご存じでしょうか?



きっかけは昨年10月の消費増税ですが

増税対策として、

8%から10%に上がったことで増えた2%分の負担を

延長した3年間で取り戻せるような仕組みになっています。



ただし、増税対策の時限措置であるため

消費税が課税される新築住宅を購入した人が対象で

消費税がそもそも課税されない中古住宅を購入した人は

従来の10年間だけ税金還付が受けられる制度のままとなります。



また、2020年12月末までに入居した人が対象だったのですが

この入居期限に関しては

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で

2021年12月末まで1年間延期されています。

ただ、この延長措置を受けられるのは

注文住宅の場合は2020年9月末までに工事請負契約を締結すること

分譲住宅(分譲マンション・建売戸建)の場合は

2020年11月末までに売買契約を結ぶことが

条件となっていますので注意をしてください。



このタイミングで新築住宅の購入を検討されている方は

まだ間に合いますので

チェックをしてみてください。


くわしくはこちらの動画でもご案内しております。