1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン金利 >
  4. 2017年4月住宅ローン金利(フラット35)

ブログ

  • 記事検索
RSS

2017年4月住宅ローン金利(フラット35)


2017年度スタート

4月のフラット35金利は前月と変わらず

35年固定1.12%の低水準を維持



【フラット35 直近9ヶ月の金利推移】
0.90%2016年8月
1.02%2016年9月
1.06%2016年10月
1.03%2016年11月
1.10%2016年12月
1.12%2017年1月
1.10%2017年2月
1.12%2017年3月
1.12%2017年4月



※自己資金1割以上、返済期間21~35年の最低金利
 (団体信用生命保険料は含まず)






※フラット35は取扱金融機関によって金利が異なります。
表示は最低金利で取り扱っている金融機関ものです。

※フラット35は融資実行時(引渡時)の金利が適用となります。

※フラット35は自己資金の割合や、返済期間によって適用金利が異なります。



【フラット35 4月実行金利 自己資金1割以上】
返済期間適用金利
21~35年1.12%(前月比 不変)
15~20年1.01%(前月比 不変)


【フラット35  4月実行金利 自己資金1割未満】
返済期間適用金利
21~35年1.56%(前月比 不変)
15~20年1.45%(前月比 不変)







◆「フラット35S」(※2)適用物件は上記金利から

当初10年間(5年間)▲0.3%の金利優遇が受けられます!!


(※2)「フラット35S」・・・省エネ、
耐震性、バリアフリーなどの性能面で
特に優れた良質な住宅向けに当初10年間、
もしくは5年間金利を優遇する
フラット35特有の制度





年度初めは各金融機関、

新たな施策をスタートさせたり

金利を新たに切り替えることが多いのですが

フラット35については、今のところ

金利は前月のまま据え置きとなっています。


今年度も引き続き、金利・施策動向をウォッチしていきます。


フラット35は

みずほ銀行やりそな銀行をはじめとする銀行の他、

住宅ローン専業のモーゲージバンクなどで取り扱っていますが、

取り扱い金融機関によって金利や諸費用が異なります。


当事務所では

フラット35のメリット・デメリット、

またフラット35ならでは特徴を活かしたお得な活用方法などを

お伝えしています。

フラット35でお悩みの方は平井FP事務所まで

お問い合わせください。








都市銀行の金利はこちら⇒2017年4月住宅ローン金利(都市銀行)