1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン >
  4. 2023年9月住宅ローン金利(都市銀行)

ブログ

  • 記事検索
RSS

2023年9月住宅ローン金利(都市銀行)

画像


☛2023年9月の住宅ローン金利

(都市銀行・ネット銀行)


長期固定金利が上昇

変動金利は変わらず


【変動金利 都市銀行4行の比較】

銀行名
新規借入
(金利優遇)
借換専用
(金利優遇)
三菱
0.345%
(▲2.13%)
0.345%
(▲2.13%)
三井
0.475%
(▲2.0%)
※ZEHは
0.425%
0.475%
(▲2.0%)
みずほ
0.375%
(▲2.1%)
0.375%
(▲2.1%)
りそな
0.370%
(▲2.105%)
0.370% 
(▲2.105%)



【変動金利 ネット銀行の比較】

銀行名新規借入借換専用
住信
SBI
0.320%0.320%
SBI
新生
0.29%
※12月29日申込分まで
0.42%
au
じぶん
0.319%
(au電話2回線
+じぶん電気利用で
0.219%)
0.298%
(au電話2回線
+じぶん電気利用
で0.198%)
PayPay0.380%0.349%
ソニー0.397%
(融資率9割以下)
0.447%
楽天0.550%0.550%



【10年固定金利 都市銀行4行の比較】

銀行名


新規借入
<前月比>
(11年目以降
金利優遇)
借換専用
<前月比>
(11年目以降
金利優遇)
三菱
0.88%
<前月比
+0.2%>
(11年目~
▲1.55%)
0.88%
<前月比
+0.19%>
(11年目~
▲1.55%)
三井
1.09%
<前月比
+0.3%>
(11年目~
▲1.6%)
1.74%
<前月比
+0.3%>
(11年目~
▲2.0%)
みずほ

1.35%
<前月比
+0.2%>
(11年目~
▲2.1%)
1.35%
<前月比
+0.2%>
(11年目~
▲2.1%)
りそな

1.515%
<前月比
+0.23%>
(11年目~
▲1.555%)
1.515%
<前月比
+0.23%>
(11年目~
▲1.555%)



【35年固定金利 都市銀行4行の比較】

銀行名
新規借入
<前月比>
借換専用
<前月比>
三菱
1.58%
<前月比+0.24%>
1.58%
<前月比+0.24%>
三井
2.08%
<前月比+0.34% >
2.25%
<前月比+0.34%>
みずほ
1.69%
<前月比+0.3%>
1.79%
<前月比+0.3%>
りそな
1.445%
<前月比+0.15%>
1.445%
<前月比+0.15%>


※上記金利はすべて、審査の結果、

最優遇が受けられた場合の金利で

WEB申込の金利となっています。


※金融機関によって

申込要件・審査の難易度に差があります。

上記はあくまでも

金利競争力だけにフォーカスした比較であり

購入する住宅や申込人の諸条件などによって

表示の金利と異なる場合や

申し込みができない場合もあります。


※融資手数料型の商品となります。

保証料型は上記金利より高くなります。


※提携ローンの場合は

上記金利と異なる場合があります。


※銀行名の表記について

スペースの関係上、省略しております




9月の金利競争力のある金融機関としては


◆10年固定金利

三菱UFJ銀行 0.88%


◆35年固定金利

りそな銀行 1.445%


◆変動金利


変動金利については

ご紹介したネット銀行上位4行と都市銀行4行など

金利が0.4%台くらいまでであれば

おおむねどこも遜色ない魅力的な金利になっているかと

思われます。


あとは購入する物件や

購入ルート(どこから買うか)などによっても

住宅ローンの金利は影響を受けますし

実際に審査を受けてみないと

自分が借りられる金利が何%になるかわかりません。


金利競争力のある金融機関を

大まかにおさえた後は

実際に検討する物件で事前審査を受けてみて

総合的に判断をするようにしてください。





住宅ローンを借りる上で

金利よりも大切なことは

とにかく借り過ぎないことです。


金融機関選びやローン選びで

総返済額が100万円ちかく変わることはよくありますが

そもそも借入額が数千万円単位で多く借り過ぎていたとしたら

金利でリカバリーするのはとても難しいです。


不動産価格が高騰しているため

不動産会社の営業トークも10年前・20年前と

変わってきています。


お金の話は

一般的な話や平均の話は

あてはまりません。


自分の家庭の場合で

ライフスタイルやお金の使い癖

今後のライフプラン・キャリアプランなどを

きちんと整理・理解した上で

妥当な借入額を見定める必要があります。


どの家庭にも潜在的な問題が潜んでいますが

自分たちの目では

なかなか客観的に正しい判断をするのは

難しいものです。


また、10年後・20年後、

はたまた老後に訪れる家計の問題点を

予見するのも

一般の方にとっては簡単ではありません。


人生を左右する大きな決断をする時には

5000件超の家計を診てきた

プロによる診断・改善のアドバイスも

ぜひ受けてみてください。




今月のフラット35の金利はこちら

2023年9月住宅ローン金利(フラット35)


過去の金利情報はこちら

都市銀行 過去の住宅ローン金利