1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 記事執筆 >
  4. 磐石な家計にしてコロナショックを乗り切りましょう

ブログ

  • 記事検索
  • 新刊発売のご案内
  • 2020改訂版書影1
    2020/6/17新発売 予約受付中
RSS

磐石な家計にしてコロナショックを乗り切りましょう

老後が不安で

過剰に貯蓄型保険に加入する人が増えています。


中には

必要以上に保険に入りすぎていて

家計に無駄があるケースもみられます。


老後2000万円問題の影響もあると思いますが

共働きで

子どもが生まれる前もしくはまだ小さく

わりと家計に余裕がある夫婦に

よくある事例です。


保険に過剰に加入しすぎた夫婦の失敗事例や

正しい保険の見直しの仕方について

現代ビジネスに記事を寄稿しているので

よかったら参考にしてみてください


間違いだらけの保険選び 見直しのポイント


保険を見直す時は

まずは公的な社会保障やお勤め先から

どういった保障が得られるのか確認をしてください。



たとえば

老後のために個人年金保険や終身保険への加入を検討するのであれば

公的年金から支給される見込みの年金が月額いくらなのか

退職金はいくら支給される予定なのか

最低限確認しておく必要があります。



万一、病気やけがで働けなくなったときのために

所得補償保険の加入を検討するのであれば

その前に健康保険組合から支給される傷病手当についても

知っておいたほうがいいでしょう。


自分では判断できない場合は

保険を売り込む前に

まずは公的保障について

きちんと診断しアドバイスしてくれる

総合的なお金の専門家に相談してみて下さい。


診断の結果、公的保障だけでは不足するようであれば

不足する分だけ民間保険で補えばいいのであって

過剰に加入する必要はありません。


保険はとても複雑で分かりづらいですが

数多くの家計診断をしていて

いろいろな保険を見てきているプロであれば

すぐに改善策を見つけられます。


お金に関することは

自分一人で悩むよりも

プロのコンサルタントを受けて

時間もお金も節約してみてください。

家計をスリム化して

コロナショックを乗り切りましょう。