1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン金利 >
  4. 2020年1月住宅ローン金利(フラット35)

ブログ

  • 記事検索
RSS

2020年1月住宅ローン金利(フラット35)

2020年最初の「フラット35」

(返済期間21~35年)・・・1.27%(前月比 +0.06%)

(返済期間15~20年)・・・1.22%(前月比 +0.06%)


(※)融資率9割以下(自己資金1割以上)の最低金利



フラット35 2020年1月実行金利

<融資率9割以下>
返済期間適用金利
21~35年1.27%(前月比 +0.06%)
15~20年1.22%(前月比 +0.06%)



<融資率9割超 >
返済期間適用金利
21~35年1.53%(前月比 +0.06%)
15~20年1.48%(前月比 +0.06%)



■フラット35は自己資金の割合や、返済期間によって適用金利が異なります。

■フラット35は取扱金融機関によって金利が異なります。
 表示は自己資金1割以上または1割未満向けに
 最低金利で取り扱っている金融機関のものです。

■フラット35は融資実行時(引渡時)の金利が適用となります。



■「フラット35S」適用物件はさらに▲0.25%の金利優遇

「フラット35S」・・・省エネ・耐震性・バリアフリーなど
            性能面で特に優れた良質な住宅向けに
            当初10年間、もしくは5年間金利を優遇する制度



<フラット35S(高性能住宅)とフラット35(一般住宅)の金利>
融資額割合
と返済期間
フラット35S
(Aプラン)
フラット35S
(Bプラン)
フラット35
(一般住宅)
融資率9割以下
返済期間
21~35年

(当初10年間)
1.02%

(11年目以降)
1.27%
(当初5年間)
1.02%

(6年目以降)
1.27%
(全期間)
1.27%


融資率9割以下
返済期間
15~20年

(当初10年間)
0.97%

(11年目以降)
1.22%
(当初5年間)
0.97%

(6年目以降)
1.22%
(全期間)
1.22%


融資率9割超
返済期間
21~35年

(当初10年間)
1.28%

(11年目以降)
1.53%
(当初5年間)
1.28%

(6年目以降)
1.53%
(全期間)
1.53%


融資率9割超
返済期間
15~20年

(当初10年間)
1.23%

(11年目以降)
1.48%
(当初5年間)
1.23%

(6年目以降)
1.48%
(全期間)
1.48%







今年のフラット35は

1.27%(※)ではじまりました。

(※)融資率9割以下(自己資金1割以上)の最低金利




ここ3ヶ月連続で金利が上昇し

昨年10月の金利1.11%から

0.16%上昇したことになります。




昨年1年間の動きでいうと

最高値は1.36%(2019年1月)

最低値は1.11%(2019年9月・10月)となり

その差は0.25%です。




住宅ローンは金利が0.25%違うだけで

返済額が大きく変わります。


5,000万円を返済期間35年

元利均等返済で借りたときに

金利が1.11%と1.36%では

総返済額の差は250万円にもなります。




2020年もある程度の範囲内で

上げ下げがあると思いますが

金利が1%に近づいたときには

35年固定金利のお得感が増すといえるでしょう。



住宅ローンの金利は

建物完成・引き渡し時の金利が適用されるルールです。


新築住宅を購入する場合は

引き渡しが1年~2年先というケースもあり

金利が読めませんが

引渡時の金利情勢によって

有利と判断できる金利にうまくのることが

肝心です。


完成・引渡時の金利が見えないときには

長期固定金利と変動金利など

複数のローンの審査を通しておき

準備をしておくと選択の幅が広がります。


住宅ローンも比較検討することが重要です。


長期的な視点で金利情勢を捉えること

長期的な視点で家計収支や家族状況の変化を予測すること

購入住宅に何年住むのか、

この先、何年かけて返済をするのか

そうしたことを考慮した上で

ベストな住宅ローンを選ぶようにしてください。







住宅ローンや住宅購入でお悩みの方は平井FP事務所まで

お問い合わせください。



202001 過去35年フラット金利推移



過去の金利情報はこちら⇒フラット35 過去の金利




関連ブログ↓

フラット35Sの認定基準


『フラット35』融資対象が諸費用まで拡大!!


2017年10月『フラット35』制度改正 団信料金利組み込みに!!