1. HOME >
  2. 理想のライフプランを優先させたマイホーム建築事例

理想のライフプランを優先させたマイホーム建築事例

長期的な目線で今後の家計収支・人生設計をとらえた上で
オリジナリティ溢れるマイホームを注文建築した成功事例



DSC_3758



どんなことで悩んでいましたか?



結婚を機に、マイホームの購入を考え始めていました。

そんなとき、たまたま家の近くで

新築戸建住宅が売りに出ており

軽い気持ちでぷらっと見に行ってみたんです。



すると、営業マンが初回から

「住宅ローンの借入は全く問題ないです」

「この価格ならお二人は問題なく買えますよ、大丈夫です」

としきりに勧めてきました。



自分たち自身が

「いったいどれくらいの予算ならば無理なく買える範囲なのか」

「ローンはいくらくらい借りていいものなのか」

まったく見当もつかなかったので

いくら「大丈夫」と言われてもしっくりこなかったんです。



大きい買い物なので衝動買いして失敗したくないし、

無理して家を買ったところで

住宅ローンの返済に追われ

日々の生活を犠牲にするようなことだけは避けたい。



「家を買うことが目的ではなく

家を買った後の家族との生活を楽しみたい」

この想いだけは終始一貫していました。



でも、

そのためにはいくらくらいの予算にすればいいのか分からない

予算が決まらないと身動きがとれない

と前に進むことができずにいたのです。



DSC_3658




なぜ平井FP事務所に相談しましたか?



妻がファイナンシャルプランナーの存在を知っていたんです。

ファイナンシャルプランナーに相談すると

一生涯の家計収支を診断してくれ

診断結果から適正な住宅予算を教えてくれるということを

何かで見て知っていたんですね。


今、思うと

マイホームを無事に建てられたことについて

彼女がいろいろとアンテナを高くはっていたことが

とても大きかったです。


日本ファイナンシャルプランナー協会のCFP検索システムで

「住宅ローンを専門にしている東京のFP」で検索したら

平井FP事務所にたどり着きました。


DSC_3738


相談した結果、どうでしたか?



わかりやすかったです。

「マンション」にするか「戸建て」にするか

「新築住宅」か「中古住宅」か

それまでまったく定まっていなかったのですが

それぞれのケースで

購入時の諸費用や購入後の維持費を比較してもらった結果

「新築戸建」に意見が一致しました



車を今後もずっと所有し続けること

犬を飼いたいということも

戸建への決め手になりました。



子どもが生まれてからの教育費や

定年退職した後の年金受給見込額と老後にかかる生活費など

具体的な数値でシミュレーションしてもらったことで

自分達の家計収支が長期的な視点で

どのように推移していくかを事前に把握できたことも

良かったです。



理想のライフプランを実現できる

適正な住宅予算が決まったことで

立地の候補を絞ることができ

安心してマイホーム建築をすすめることができました。


DSC_3715


相談しなかったらどうなっていたと思いますか?



計り知れないです。

仲介会社の営業マンも工務店の担当者も

不動産売買や建築の専門家ではありますが

お金の専門家ではないので

家計収支を長期的な視点で捉えたアドバイスはしてくれません。


特に今都内の不動産価格がこれだけ高騰している中で

こちらとしては気が引けるような値段でも

「問題なく買えます」と言われますよね。



ファイナンシャルプランナーという第三者の専門家に客観的に

自分たちの一生涯のお金の流れをシミュレーションしてもらったり

マイホームにかかるお金を比較してもらったりしていなかったら

今頃ものすごいオーバーローンを組んでいたかもしれないし

住宅購入に失敗していたかもしれません。


ほんのちょっとのかけ違いで

被ったかもしれないリスクの大きさは想像がつかないです。


家を買うときは、人生を左右するようなものすごい大きいお金が動くので、

本当にファイナンシャルプランナーに相談した方がいいと実感しました。



DSC_3802 DSC_3828 DSC_3793




<お客様へのコンサルタント内容>


◎キャッシュフロー表提案・家計診断・適正予算の算出

◎住宅ローンのアドバイス・資金調達の実行支援

◎住宅購入にまつわる金利優遇・補助金・税制優遇制度のアドバイス

◎火災保険・地震保険のアドバイス

◎不動産仲介会社・工務店・金融機関・司法書士等との連携

◎建物完成・引き渡しまで継続サポート