1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン >
  4. 2023年10月住宅ローン金利(都市銀行・ネット銀行)

ブログ

  • 記事検索
RSS

2023年10月住宅ローン金利(都市銀行・ネット銀行)

都市銀行・ネット銀行 住宅ローン金利 10月


☛2023年10月の住宅ローン金利

(都市銀行・ネット銀行)


☑変動金利の金利競争が止まらず


りそな銀行が変動金利を引き下げ

都市銀行の中で最も低い0.34%に


ネット銀行は

auじぶん銀行が

電話回線+電気利用に加え

ネット回線+TVの利用で

変動金利0.148%に



☑固定金利は各行引き上げ





【変動金利 都市銀行4行の比較】

銀行名
新規借入
(金利優遇)
借換専用
(金利優遇)
三菱
0.345%
(▲2.13%)
0.345%
(▲2.13%)
三井
0.475%
(▲2.0%)
※ZEHは
0.425%
0.475%
(▲2.0%)
みずほ
0.375%
(▲2.1%)
0.375%
(▲2.1%)
りそな
0.340%
(▲2.135%)
0.340% 
(▲2.135%)



【変動金利 ネット銀行の比較】

銀行名新規借入借換専用
住信
SBI
0.320%0.299%
SBI
新生
0.29%
※12月29日申込分まで
0.42%
au
じぶん
0.319%
(au金利優遇適用で
0.169%)
0.298%
(au金利優遇適用で
0.148%)
PayPay0.315%
(自己資金10%以上)
0.380%
(自己資金10%未満)
0.349%
ソニー0.397%
(自己資金10%以上)
0.447%
(自己資金10%未満)
0.447%
楽天0.550%0.550%



【10年固定金利 都市銀行4行の比較】

銀行名


新規借入
<前月比>
(11年目以降
金利優遇)
借換専用
<前月比>
(11年目以降
金利優遇)
三菱
0.94%
<前月比
+0.06%>
(11年目~
▲1.55%)
0.94%
<前月比
+0.06%>
(11年目~
▲1.55%)
三井
1.14%
<前月比
+0.05%>
(11年目~
▲1.6%)
1.79%
<前月比
+0.05%>
(11年目~
▲2.0%)
みずほ

1.45%
<前月比
+0.1%>
(11年目~
▲2.1%)
1.45%
<前月比
+0.1%>
(11年目~
▲2.1%)
りそな

1.595%
<前月比
+0.08%>
(11年目~
▲1.555%)
1.595%
<前月比
+0.08%>
(11年目~
▲1.555%)



【35年固定金利 都市銀行4行の比較】

銀行名
新規借入
<前月比>
借換専用
<前月比>
三菱
1.70%
<前月比+0.12%>
1.70%
<前月比+0.12%>
三井
1.99%
<前月比+0.09% >
2.35%
<前月比+0.1%>
みずほ
1.76%
<前月比+0.07%>
1.76%
<前月比▲0.3%>
りそな
1.485%
<前月比+0.04%>
1.485%
<前月比+0.04%>


※上記金利はすべて、審査の結果、

最優遇が受けられた場合の金利で

WEB申込の金利となっています。


※金融機関によって

申込要件・審査の難易度に差があります。

上記はあくまでも

金利競争力だけにフォーカスした比較であり

購入する住宅や申込人の諸条件などによって

表示の金利と異なる場合や

申し込みができない場合もあります。


※融資手数料型の商品となります。

保証料型は上記金利より高くなります。


※提携ローンの場合は

上記金利と異なる場合があります。


※銀行名の表記について

スペースの関係上、省略しております




10月の都市銀行・ネット銀行住宅ローンのなかで

金利競争力のある商品としては


◆10年固定金利

三菱UFJ銀行 0.94%


◆35年固定金利

りそな銀行 1.485%


◆変動金利


変動金利については

ご紹介したネット銀行上位4行と都市銀行4行など

金利が0.4%台くらいまでであれば

おおむねどこも遜色ない魅力的な金利になっているかと

思われます。


あとは購入する物件や

購入ルート(どこから買うか)などによっても

住宅ローンの金利は影響を受けますし

実際に審査を受けてみないと

自分が借りられる金利が何%になるかわかりません。


金利競争力のある金融機関を

大まかにおさえた後は

実際に検討する物件で事前審査を受けてみて

総合的に判断をするようにしてください。





住宅ローンを借りる上で

金利よりも大切なことは

とにかく借り過ぎないことです。


金融機関選びやローン選びで

総返済額が100万円ちかく変わることはよくありますが

そもそも借入額が数千万円単位で多く借り過ぎていたとしたら

金利でリカバリーするのはとても難しいです。


一般的には

世帯年収の5~6倍程度

返済負担率20~25%くらいまでが

無理のない借入額と言われています。


ただし

各家庭によって

家族構成や

生活費・教育費の金額が異なるため

一般的な話や平均の話が

あなたの場合にあてはまるとは限りません。


買う時の年齢が

30歳なのか

45歳なのかによっても

借入可能額は大きく異なります。


自分が優先したいのは

「趣味やレジャーも楽しむゆとりある生活」

なのか

それとも「住居費」や「教育費」なのか


自分のお金の使い癖をや今後希望するライフスタイルを

きちんと把握した上で

あなたにとって無理のない

住宅購入をするようにしてください。





今月のフラット35の金利はこちら

2023年10月住宅ローン金利(フラット35)


過去の金利情報はこちら

都市銀行 過去の住宅ローン金利