1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン >
  4. 2017年10月住宅ローン金利(都市銀行)

ブログ

  • 記事検索
RSS

2017年10月住宅ローン金利(都市銀行)


都市銀行住宅ローン 10月はおおむね金利据え置き







【10年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
2017年10月実行金利
(前月比)
11年目以降優遇
三菱東京UFJ銀行
0.75%
(不変)
▲1.60%
三井住友銀行
1.05%
(不変)
▲1.40%
みずほ銀行
0.80%
(不変)
▲1.85%
りそな銀行
1.05%
(不変)
▲1.60%








【35年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
2017年10月実行金利
前月比
三菱東京UFJ銀行1.35%±0%
三井住友銀行1.69%+0.03%
みずほ銀行1.19%~1.59±0%
りそな銀行1.35%±0%



マイナス金利導入以降、人気なのが固定金利。

住宅金融支援機構の調べでは

民間銀行で新規に借入する人のうち、

約半数は固定金利で借入しています。


この数年は変動金利で借りている人が固定金利に

借り換える動きも活発で

当事務所にも相談が増えてます。


固定金利の中でもマイナス金利導入以降

選ぶ人が増えているのが「全期間固定金利」。


都市銀行の中では

みずほ銀行の1.19%、

三菱東京UFJ銀行・りそな銀行の1.35%が狙い目。


但し、みずほ銀行の金利については

審査の結果次第で1.19%~1.59%の範囲で

人によって適用金利が変わってくる点が要注意。

また、2018年9月28日実行分までの期間限定商品なので、

引き渡しが2018年10月以降の人は注意が必要です。


今月から全期間固定金利の代表選手「フラット35」は

団体信用生命保険料を金利に組み込む改正がなされました。

これにより、民間銀行の35年固定金利商品との比較がよりし易くなりました。



【35年固定金利住宅ローンの商品比較】

金融機関
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
りそな銀行
フラット35
自己資金1割以上
フラット35
自己資金1割未満
35年固定金利
1.19%
(~1.59%)
1.35%
1.36%
1.80%
4千万円借入
毎月返済額
116,490円
(124,244円)
119,555円
119,749円
128,436円
総返済額
4893万円
(5218万円)
5021万円
5029万円
5394万円

※4000万円借入の際の返済額は「元利均等返済」で
返済し、ボーナス時返済は無しの場合です。











その他の金利はこちら⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

【都市銀行4行 10月住宅ローン金利一覧】
金利タイプ
変動金利
(前月比)
3年固定
(前月比)
5年固定
(前月比)
10年固定
(前月比)
20年固定
(前月比)
35年固定
(前月比)
三菱東京
UFJ銀行


0.625%
(不変)


0.55%
(不変)


1.30%
(不変)


0.75%
(不変)

(返済期間21~25年)
1.19%
(不変)
1.35%
(不変)

三井住友
銀行



0.625%
(不変)


アプリ申込は0.620%
1.00%
(不変)



0.80%
(不変)



1.05%
(不変)


(返済期間16~20年)1.57%
(+0.04%)
1.69%
(+0.03%)


みずほ銀行








0.625%
(不変)




ネット申込は
0.6%
(不変)
0.70%
(不変)




ネット申込は
0.675%
(不変)
0.70%
(不変)




ネット申込は
0.675%
(不変)
0.80%
(不変)



ネット申込は
0.775%
(不変)
(返済期間16~20年)1.13%~1.53%
(不変)

ネット申込は1.125%
1.19%~1.59%
(不変)





りそな銀行






0.625%
(不変)

商品プランによって0.595%
または0.440%
1.0%
(不変)


WEB限定
借換専用
0.965%
1.0%
(不変)


WEB限定
借換専用
0.965%
1.05%
(不変)

WEB限定
借換専用
0.65%
(返済期間20年以内)1.30%
(不変)

1.35%
(不変)




固定期間終了後の金利優遇














4行とも▲1.85%

(三井住友アプリは▲1.855%

(みずほネット申込は▲1.875%)

(りそな
WEB借換専用は▲1.978%)
4行とも▲1.85%

(みずほネット申込は▲1.875%)


(りそなWEB借換専用は▲1.978%)


三井▲1.4%

みずほ・三菱▲1.85%
(みずほネット申込は▲1.875%)

りそな▲1.85%
(りそなWEB借換専用は(▲1.978%)
三井▲1.4%

みずほ▲1.85%
(ネットは▲1.875%)


三菱・りそな▲1.6%
(りそなWEB借換限定は▲1.978%

 
 















 























フラット35は、

自己資金を物件価格の1割用意できると

金利が低くなりますが、

都内の新築物件では結構な金額になってしまいます。

預貯金があっても自己資金1割も出資したくない

という人もいるでしょう。

「自己資金が1割未満の場合は都市銀行を選ぶ」、

「みずほ銀行で審査を受けた結果、

適用金利が1.59%になったのでフラットを検討する」

などといった選択方法も一例としてあります。


ただし、

優良物件向けに金利を引き下げる「フラット35S」

適用物件か否か、

夫婦で団体信用生命保険に加入したいのかどうか、

団体信用生命保険の保障内容がどうか

審査の難易度がどうか

などといった点も金融機関選びでは重要な決め手となります。



平井FP事務所では100種類以上ある金融機関の住宅ローン商品の中から

お客様の家計や価値観に合った最適な金融機関・商品をご案内しております。

住宅ローンはどこも同じではありません。

金融機関選びひとつで、支払総額は数十万円~数百万円も異なります。

また、金利や諸費用だけではなく、

そもそも借入額が家計に対して適正な額かどうかも

利害関係のない第三者のFPという立場で診断させていただいております。


住宅ローンの得な借り方・返し方を知りたい方は平井FP事務所まで

お問い合わせください。


遠方の方向けに、スカイプ面談も行っています。

また、著書『住宅ローン借り方・返し方 得なのはどっち?』

にもお得な金融機関選びの方法が載っています。





フラット35の金利はこちら⇒2017年10月住宅ローン金利(フラット35)