1. HOME >
  2. なぜFPに相談するのか?

なぜFPに相談するのか?


なぜFPに相談するのか


FB_IMG_1481184650250 124


「適正な住宅ローン借入額」や「適正な予算」というのは

本来、一生涯の家計収支を見て判断するべきであり

単純に現在の年収を見ただけで判断できるものではありません。


不動産業者や銀行員が

お客様から年収を聞いて試算する金額は

あくまでも「金融機関がいくらまで融資をするかといった"借りられる金額”」であり

「無理なく最後まで"返せる金額”」ではありません。


不動産業者は不動産の販売をするプロです。

銀行員は融資をするプロです。


一方で、専業のファイナンシャルプランナー(FP)は家計診断をするプロです。

★専業FPは、現状の家計収支を整理して問題点を明確にし
 改善策の提案が出来ます。

★専業FPは、一生涯の収支をシミュレーションして
 現状のままいくとどのタイミングで貯蓄が底を尽きるのか
 いつまでにいくらの貯金が必要なのかアドバイスをすることができます。

★専業FPは、お子様が1人・2人・3人と生まれたときに
 希望する進路にそってかかる教育費を試算することが出来ます。

★専業FPは、退職金の試算や定年退職後の年金支給額を試算することができます。

★専業FPは、万一の際の遺族年金の試算、保険金支払額の試算ができます。


このように、お客様一人一人の家計における

一生涯のお金の流れや

ライフプランの変更に伴って訪れるあらゆるリスクをシミュレーションし

最後まで無理なく返せる適正な借入額を診断します。



注意が必要なのは

FPでも銀行や証券会社、保険会社に所属する兼業FPの場合

家計診断の訓練を受けていないケースが多い点です。


私自身

銀行員時代も企業に属するFPとしてお客様の相談に乗っていましたが

銀行では家計診断の訓練を受けていませんでした。


一生涯の家計収支を捉えながら

総合的なアドバイスを求める場合は

家計診断ができる専業FPに相談する必要があります。






ファイナンシャルプランナーの中でも国際上級資格であるCFPは


◆「パーソナルファイナンス(ライフプラン)」

◆「不動産」

◆「金融資産運用」

◆「保険」

◆「税金」

◆「相続・事業承継」


これら6分野において総合的な提案ができるよう

日々知識の習得や実務経験を積み重ねています。