1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 火災・地震保険 >
  4. マンションの火災保険に水災補償は不要?!

ブログ

  • 記事検索
RSS

マンションの火災保険に水災補償は不要?!

こんにちは、

東京の独立系ファイナンシャルプランナー

平井美穂です。

前回、火災保険についてブログを書きましたが

火災保険は補償内容をよくチェックして!!

今回はマンションの火災保険で

一般的にはつける必要のない水災補償について

お話させていただきます。


火災保険の水災補償とは

自然災害や都市型災害の洪水時における

床上浸水や床下浸水といった水災に対する

補償をさします。

上階から水が漏れてきたといった災害は

水災ではなく、「水漏れ」になります。


そしてこの床上浸水、床下水災は

マンションの2階より上階の場合は

不要な補償ということで

補償をつけないのが一般的です。


2階以上の上階のマンションでも

周囲を山で囲まれ、土砂崩れの心配があるような特殊なケースでは

水災保証をつけることが稀にありますが

私が以前いた金融機関では

マンションの上階は水災保証がそもそもつけられない形で

デフォルト設定されていました。


ところが、ところが・・・・・・


今、第三者の独立系ファイナンシャルプランナーの立場で

お客様が持ってくる火災保険の見積書を診ていると

実にバリエーション豊かな(笑)

いろんな提案をする保険代理店がいます。


先日は高台のマンションの4階にも関わらず

水災補償をバッチリつけている見積書を

見ました。

火災保険の水災は

近年発生件数が増えている事故なので危険率が高く、

水災補償をつけると保険料はいっきに高くなります。

結局、このお客様は水災補償をはずして

保険料を下げることができました。



今回お話しした水災補償は一例にすぎず、

火災保険の補償内容は実にいろいろあり

奥が深いものです。

提案された設計書でそのまま加入するのではなく

是非補償内容や保険金額が適正に

設定されているかチェックをしてみてください。

当事務所でも火災保険の診断を

第三者の立場でさせていただいています。