1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン >
  4. 7月住宅ローン金利(フラット35)

ブログ

  • 記事検索
RSS

7月住宅ローン金利(フラット35)

7月は前月比+0.07%の引き上げとなり、

2ヶ月連続の上昇となりました。






【フラット35の特徴】

フラット35は自己資金の割合により

金利が2種類に別れます。




◎自己資金が1割以上の人
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

返済期間21年~35年・・・1.61%(前月比+0.07%)

返済期間15年~20年・・・1.38%(前月比+0.07%)








◎自己資金1割未満の人
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

返済期間21年~35年・・・1.74%(前月比+0.07%)

返済期間15年~20年・・・1.51%(前月比+0.07%)






注目ポイントは ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

■自己資金が少額な方に朗報!

■長期優良住宅・省エネ住宅・バリアフリー住宅などを購入する方に朗報!
------------------------------------------------

フラット35は2015年2月から政府の緊急経済政策により


☑自己資金1割未満の場合の金利が大幅引き下げ中
 

【制度変更前】
 自己資金1割未満の場合の融資金利 = 自己資金1割以上の場合の金利に+0.44%上乗せ

        ⇓

【制度変更後】
上乗せ幅+0.13%へと引き下げ






☑「フラット35S」※の引き下げ幅拡大
 

【制度変更前】当初10年▲0.3%

        ⇓
 
【制度変更後】当初10年▲0.6%へ拡充



※「フラット35S」・・・長期優良住宅や省エネルギー住宅など
優良住宅に対して当初10年間金利が一般住宅より優遇されるしくみ


--------------------------------------------------
つまり、フラット35Sが対象になる優良住宅ならば・・・
当初10年間の金利がなんと1.01%に!!
しかも安心の固定金利です!!

※自己資金1割以上、返済期間21年~35年の場合
--------------------------------------------------

★「フラット35S」対象住宅の場合★

(当初10年間)     1.01%

(11年目以降35年目まで)1.61%


※自己資金1割以上、返済期間21年~35年の場合


---------------------------------------------------
※フラット35の金利は取扱金融機関により異なります。
表示は最も低い金利を提示している金融機関の場合です。








続いて都市銀行の住宅ローン金利はこちら⇒7月住宅ローン金利(都市銀行)