1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 重要事項説明ネットでも可能に?!

ブログ

  • 記事検索
RSS

重要事項説明ネットでも可能に?!

昨年12月20日の日経新聞の朝刊に、政府は規制緩和の一環として

不動産取引の際の重要事項説明をネットや電話でも可能にする

との記事がありました。


重要事項説明は、売買契約の前に宅地建物取引主任者が

お客様と対面で説明をしなくてはならないものですが、

通常新築マンションの集団説明会などでは

1時間半~2時間(場合によってはもっと)かけて行われます。

重要事項説明書の中には

例えば「近くに変電所があります」

「バルコニーに洗濯物を干してはいけません」

「飼育していいペットは体長50cm以内の犬猫に限ります」

「引渡し時に売れ残り住戸があった場合

 売れ残り住戸の管理費・修繕費を売主は負担しません」

など契約する前にじっくり吟味する必要のある重要なことがたくさん書かれています。

しかし、一般的には契約直前にはじめて重要事項説明書を渡され、

内容量が膨大で難しく書かれているため

事前にじっくり読むことをせず、説明会でも割愛しながら流し読みされ

そのまま“確認しました”のハンコを押して契約してしまうことが多いです。


ネットや電話での取引が可能になると

不動産業者にとっては事務手続きが簡便化され

海外投資家や遠方にいる一部の購入者にとっては便利かもしれません。

ただ、書面であってもネットであっても

重要事項説明書には重要な内容がたくさん書かれていますので

物件を検討する際には早め早めに重要事項説明書をもらえないか交渉してみて

契約前にじっくり時間をかけてよく吟味するようにしてください。

| 03:02 | 未分類