1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 日々の活動 >
  4. 保険代理店の従業員の皆さんに住宅ローン実務研修を行いました

ブログ

  • 記事検索
  • 最新版発売のご案内
  • 2020改訂版書影1
    2020/6/17新発売 予約受付中
RSS

保険代理店の従業員の皆さんに住宅ローン実務研修を行いました

東京の独立系ファイナンシャルプランナーの平井美穂です。

保険代理店に勤める従業員の皆様に

住宅ローン実務研修をさせていただきました。

91347109_1504990246334624_8842467085478002688_n


保険募集人の皆さんがお客様に保険の提案をする時に

住宅ローンの見直しについても

アドバイスを求められることが多いようです。


当事務所にやってくるお客様が

住宅ローンについての相談がメインであっても

保険についてもアドバイスしているのと

同じですね。


住宅ローンと保険は本来とても相性がよく

借入や加入を検討するときは

セットで検討した方が相乗効果がでて

無駄を省くことができます。


住宅ローンには団体信用生命保険がついているので

保険に加入しているのと同じように考えることが出来ます。

賃貸暮らしから持家に変わる場合

万が一の場合の住居費がほぼかからなくなるので

保険でカバーするべき必要保障額を圧縮することができるのです。


また、これまでまったく保険に加入していなかったという人は

住宅購入を機に保険の加入を検討した方がいい場合もあります。


特に夫婦共働きでペアローンを検討する場合は

パートナーに万一のことがあった場合

一人で子どもを育てながら

自分が借りたローンの返済は続くので

保険をつけておいた方がいいケースもあります。



また、妻が亡くなった場合

ベビーシッターに頼らないと育児が困難なケースも多く

その場合は住宅ローンの返済に加え

大幅な生活費や養育費の増加も予想され

保険金がないと生活が成り立たないケースもあります。



こういった時に

住宅ローンにセットできる保険を活用した方がいい場合と

住宅ローンとは切り離して

民間の保険に別途加入した方が得な場合があります。


この辺りは住宅ローンと保険を熟知したプロでないと

なかなか判断できない内容になりますが

当事務所のコンサルタントでは

そういった住宅ローンと保険をセットで比較提案をしています。


縁起でもありませんが

ご主人様に万一のことがあった場合

奥様に万一のことがあった場合

それぞれのパターンで遺族年金の支給見込額や保険金の受取額を試算し

遺族の生活が成り立つかどうかの診断を

遺族のキャッシュフロー表まで作成して

精査していきます。


必要補償額が明らかになった後で

ローンにセットするか

あるいは他で加入するか

そのお客様の場合は

どうした方が得かを比較検証していきます。


保険に限らず

住宅ローンを組む時は

家計全般を見直すいいチャンスです。


マイホーム購入を機に

家計を見直して

いざという時にも崩れることのない強固な家計にしておいてください。