• 記事検索
  • Search
  • 平井美穂のプロフィール
  • プロフ写真バック緑
  • 今月の金利
  • 今月のフラット35住宅ローン金利
    今月の都市銀行住宅ローン金利

  • リロクラブと提携
  • リロクラブ ロゴ
RSS

東京都 年の差兄弟の保育料も軽減へ

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーの平井美穂です。


6月9日の日経新聞朝刊によると

2019年10月~スタートする幼児教育無償化にあわせ

東京都は独自に多子世帯の保育料を軽減する予定

との記事がでていました。




自治体によって異なりますが

現在東京23区などでは

同一期間に

保育園(幼稚園)に通う兄弟姉妹がいる場合は

第二子の保育料が半額

第三子以降の保育料は無償となる

自治体が多くなっています。


同一期間に

保育園(幼稚園)に通っていることが

条件なので

年の差が離れている兄弟姉妹は

軽減の対象から外れるということです。



具体的な例で考えてみましょう。


保育園の保育料は世帯の所得(厳密には住民税の額)

によって決まります。


ざっくりとしたイメージですが

0歳~2歳児の保育料が月額6万円、

4~6歳児の保育料が月額3万円の家庭を

モデルケースにします。



3歳差の兄弟だった場合

上の子が4歳、下の子が1歳の時に

下の子の保育料は

本来の保育料6万円の半額となり

月額3万円で済むということです。



一方、

年の差が7歳差の場合

下の子が1歳の時に上の子は

8歳で既に小学校に上がっています。


この場合は

下の子の保育料は半額にならず

月額6万円ということです。


ところが、

2019年10月から

東京都が新しくはじめようとしている制度では

年の差が離れていても

第二子の保育料は半額に

第三子以降の保育料は無償にするというもの。



太っ腹ですね✨



皆が安心して子供を産み育てられるよう

少子化対策のこういった制度は

大歓迎ですね。


小学校入学前は教育費の負担が重く

この時期に赤字になる家庭は多いです。


教育費が不安で住宅購入に踏み切れないという方

将来のお金が不安という方は

平井FP事務所までお問い合わせください。


100歳までのお金を見える化して

皆様の不安を取り除きます