• 記事検索

  • Search

  • 今月の金利
  • 今月の都市銀行住宅ローン金利
    今月のフラット35住宅ローン金利

  • 平井FP事務所
  • 〒158-0094
    東京都世田谷区玉川
    1-15-3-406
    直通携帯090-1698-6514
    電話/FAX03-6755-4013
    134.jpg

    面談場所のご案内

  • リロクラブと提携
  • リロクラブ ロゴ
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

注文住宅を建てる際に考えておくべきお金

土地を購入して、注文住宅の建物を建てるときには

まず土地代金を先に支払う必要があります。


土地を取得して始めて工事がスタートするのですが

建物代金の支払いは以下のように分割払いになるのが一般的です。

※金額は一例です。



<注文住宅を建てる時のお金の支払い方法>

ー建物代金2,000万円の新築戸建を建設する場合ー

(工事請負契約時)契約金100万円

(着工時)    着工金600万円

(上棟時)    中間金600万円

(完成時)    残代金700万円




ここで問題が発生します。

住宅ローンは原則、建物完成・引渡時に融資実行されます。

そのため、「土地代金」のほか、

完成前に支払う「契約金」「着工金」「中間金」は

つなぎ融資を受けるか、自己資金で準備する必要があるのです。


一部、例外として

土地代金や完成前に支払う必要のある工事代金を

住宅ローンとして先に融資してくれる金融機関も存在しますが

金融機関にとってはリスクを伴うので

審査が厳しくなります。



また、先に融資を受けた分は

返済が先に始まる場合もあり

家賃と二重負担になるケースがある点は注意が必要です。


今回はつなぎ融資を受けて注文住宅を建てる場合で

どんなお金を考えておくべきかの取材を受けました。


一例として参考にしていただければと思います。


取材記事はこちら


平井FP事務所では、

注文住宅を建てる場合の融資の受け方として

つなぎ融資以外にも

あらゆる金融機関・商品の中から

それぞれのメリット・デメリットを踏まえて

比較提案させていただいております。


またかかる諸費用がどれくらいか

事前に見積りをすることが可能です。


注文住宅の場合

要望が膨らみ

後から工事代金が追加でどんどんかかり

お金が足りなくなるケースが少なくありません。



意外とかかる諸費用を

最初にきちんと想定していなかったことも

お金が足りなくなる原因としてよく見受けられます。


これから注文住宅を建てる人で

お金に関することでお悩みの方は

平井FP事務所まで

お問い合わせください。

前の記事
次の記事