1. HOME >
  2. ブログ >
  3. キャッシュフロー表提案 >
  4. 間違いだらけのキャッシュフロー表にご注意ください!!

ブログ

  • 記事検索
  • 新刊発売のご案内
  • 画像
    2020/6/20新発売 好評発売中 
RSS

間違いだらけのキャッシュフロー表にご注意ください!!

東京の独立系FPの平井美穂です。

ファイナンシャルプランナーの提案業務の要となるのが

キャッシュフロー表の提案です。


まずは、現在の家計収支を整理し、

次に、今後かかる教育費や老後資金・住居維持費などを予測し、

一生涯の家計収支をシミュレーションをします。


たいていのご家庭では

お子様が高校・大学へと進学する時に年間収支が赤字になります。

むしろ赤字になるのが普通で

高校・大学資金を年収で支払うのは厳しいケースが多いです。

親が進学費を支払うのであれば

子どもが高校生もしくは大学生になるまでに

貯蓄が必要ということになります。

貯蓄が間に合わなければ奨学金や教育ローンで進学することになり、

実際には、今大学生の2人に1人が奨学金で通っている状況です。



また、高校・大学に進学するよりもだいぶ前ですが

幼稚園代も月額3万円ほどかかり、

そこに習い事などをしていると月額4~5万円ほど子供一人あたりにかかるので

幼稚園の時期の家計が厳しいという相談も多くなっています。


将来のこうした家計収支を予測し、

事前に備えておくために有効なツールがキャッシュフロー表なのですが

最近、私のところには住宅展示場や保険代理店のFPさんに

作ってもらったキャッシュフロー表を持って相談に来る人が多くなっています。


他のFPさんが作成したキャッシュフロー表をみると

ぱっと見ると住宅を購入しても何の問題もなく、

貯蓄が順調に増えていくシミュレーションになっていたりするのですが

家計診断やキャッシュフロー表の提案をよく行っているFPであれば

間違いにすぐに気がつく点がいくつかあります。


まず一番多いのは、

生活費が実際よりもかなり少ない見積もりになっている点。

3人家族で1か月あたりの生活費が13万円

などなっている場合は注意が必要です。


キャッシュフロー表の世界では、

「生活費」というのは、

「教育費」や「住居費」、「支払保険料」、「税金・社会保険料」

をのぞいた金額になります。

つまり、

食費や水道光熱費・携帯代・通信費・交通費・車維持費・洋服代・

日用雑貨・美容費・おこづかい・交際費・レジャー費・旅行・帰省代などは

すべて生活費になります。

ボーナスでつかったお金も含めて

年間で使った生活費を12ヵ月で割った金額が

1か月あたりの生活費となるので

13万円というのはかなり低い金額になります。


実際に13万円で過ごせている家庭もあるのかもしれませんが

老後夫婦でも1か月あたりの平均支出は25万円程度です。(※1)


これはFPさんが悪いというよりはお客様に言われた支出額を

そのまま鵜呑みにして入力していることが原因と考えられます。


必ずしも「お客様が申告している支出額を疑え」

という意味ではありませんが

家計診断のプロであれば、

たしかめ算をするプロセスが必要です。


一番確かな方法は、

1年間の手取り収入から年末に残った貯蓄残高を

差し引いて計算すれば確かな金額が出ます。

貯蓄以外のお金は全部使ったお金ということになりますので。


先日いらした相談者も

最初に問い合わせがあった時には

「たぶん1か月の支出額は20万円くらい?

会う時までに調べておきます」とおっしゃていたのですが、

お客様自身で調べた結果、

実際の1か月あたりの支出額はなんと50万円でした。


このように、普段家計簿をつけているような人でない限り

1か月あたりの生活費を正確に把握している人は少ないのです。


生活費の設定に月額30万円も誤差があると

作成したキャッシュフロー表は何の意味もなさないものになりますので

ご注意ください。


平井FP事務所では

将来の教育費や老後資金・住居維持費などを予測し

住宅を購入した後も一生涯家計収支が問題ないのか、

問題がある場合は改善策のご提案をしています。


首都圏特有の教育事情や

物件種類ごとに住居維持費の違いなど

詳細にわたる提案を得意としております。


年金や退職金の支給見込み額を試算し、

定年までに必要な貯蓄額の算出や

ご家族に万一のことがあった場合の

遺族年金の試算や必要保障額の試算もします。


家計についてお悩みの方

住宅購入でお悩みの方

ローンでお悩みの方は

平井FP事務所までお問い合わせください。


キャッシュフロー表について詳しくはこちら⇓
「キャッシュフロー表とは?」







(※1)総務省家計調査によれば1か月あたりの老後夫婦の平均支出額は27万円で、そこから税金・社会保険料を差し引くと約25万円程度。
25万円のうち、教育費や住居費の負担はほとんどない。