1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 消費税と住宅 >
  4. 消費税が課税されるのは建物のみ、土地は非課税

ブログ

  • 記事検索
RSS

消費税が課税されるのは建物のみ、土地は非課税

東京独立系ファイナンシャルプランナーの平井美穂です。

意外と知られていませんが、住まいにかかる消費税は

建物のみに課税され、土地は非課税となっています。

土地建物と消費税


また、中古住宅を個人の売主から買う場合は

建物価格に対しても消費税は課税されません。

消費税は

「事業者が対価を得て資産を譲渡する場合」に課税され、

個人間売買は対象外となっているからです。


ちなみに、中古住宅でも、個人から買い取った物件を

業者がリフォームして再販売する物件を買う場合には

売主が事業者であるため消費税が課税されます。

表(消費税と住宅)

さらに、建物に課税される消費税の税率は、

売買契約時ではなく

建物引渡時の税率が適用されます。



新築大規模マンションのように

契約から入居まで2年半ものタイムラグがある場合

例えば契約時は5%であった消費税が

引渡時には8%に上がっていたという

ケースがあります。




これまで消費税が引き上げられるタイミングでは

こうしたトラブルを回避する為に

増税の半年前までに契約した人は

引渡が増税後であっても増税前の税率を適用する

経過措置がとられています。



増税前の時期には、駆け込み需要が旺盛になります。


ただし、過去の事例では増税後に買った方が得だったケースもあります。

増税後にローン控除が拡充され、

住まい給付金という助成金が新設されたためです。


増税のタイミングでは

住宅需要の冷え込みを防止するために

さまざまな政策がとられることが多くあります。


増税の際には消費税の負担が重くなる面ばかりが

マスコミで報道される傾向がありますが

その他の制度政策も考慮に入れ

どのタイミングで購入するのが良いかじっくりと見極め、

あわてて購入して失敗することのないようにご注意ください。