1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン借り換え >
  4. 定年退職後の住宅ローン借り換え

ブログ

  • 記事検索
  • 最新版発売のご案内
  • 2020改訂版書影1
    2020/6/17新発売 予約受付中
RSS

定年退職後の住宅ローン借り換え

定年退職後の住宅ローンの借換は、一般的には金融機関の審査上

ハードルが高いといわれています。

老夫婦ブランコ





【定年退職後の借換が審査でひっかかりやすい主な理由】

☑年金以外の安定した収入がない
 (審査の上で返済能力が不足する)

☑健康状態に不安があり、団体信用生命保険に加入できない
 (多くの銀行では団体信用生命保険の加入が融資の必須条件)

☑担保となる住宅が経年劣化により評価が下落している





こういった理由で借換をあきらめている人もいるかもしれません。

しかし、あきらめる前に一度当事務所にご相談ください。

当事務所では、こういった

定年退職後の住宅ローンの借換をサポートさせていただきます。





例えば、18年前に住宅金融公庫で4000万円の借入を35年返済でした場合、(※1)

現在の返済は月99,007円、ボーナス時加算分397,810円です。

定年退職したので、ボーナス返済をなしに返済方法を変更すると、

毎月返済額は約165,012円になります。


ちなみに、18年経った現在の残高は約2500万円、残りの返済期間は17年となります。

これを金利1%のローンに借換が出来た場合、毎月返済額は133,311円となり

現在の返済額よりも毎月3万円安くなります。




もしも、定年退職後にローンの借り換えをあきらめていたら

一度当事務所までお気軽にご相談ください。

お客様の現状を整理・分析した上で対策を講じ、

数多くある金融機関の中から、借換ができる金融機関がないか調査・交渉し

無事借り換えができるまで実行支援をさせていただきます(※2)。



住宅ローンの借り換え相談は
住宅ローン専門・東京の独立系ファイナンシャルプランナー
平井FP事務所までお問い合わせください。
お問い合わせ



(※1)1998年10月の住宅金融公庫「通常融資」の貸出金利(当初10年間2.0%、11年目以降4.0%)で借入した場合

(※2)借換を保障するものではありません。
状況によってはいずれの金融機関でも借換が出来ない場合もあります。
報酬は借換に成功した場合にお支払いいただく成功報酬制となります。