1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 住宅ローン金利 >
  4. 2016年1月住宅ローン金利(都市銀行)

ブログ

  • 記事検索
RSS

2016年1月住宅ローン金利(都市銀行)

『フラット35』1月の金利はこちら⇒2016年1月住宅ローン金利(フラット35)


大手都市銀行4行(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行)
住宅ローン貸出金利(1月融資実行分)

金利タイプ変動金利
(前月比)
5年固定
(前月比)
10年固定
(前月比)
35年固定
(前月比)
その他の
全期間固定
(前月比)
三菱東京
UFJ銀行
0.625%
(▲0.15%)
1.5%
(+0.05%)
1.1%
(不変)
1.69%
(▲0.03%)
返済期間
26年~30年
1.65%
三井住友銀行0.625%
(▲0.15%)
1.0%
(不変)
1.1%
(不変)
2.03%
(▲0.06%)
返済期間
15年~20年
2.00%
みずほ銀行0.625%
(▲0.15%)
0.8%
(▲0.15%)
1.05%
(▲0.15%)
1.87%
(▲0.04%)
返済期間
26年~30年
1.83%
りそな銀行0.775%
(不変)
1.15%
(不変)
1.1%
(不変)
1.85%
(不変)
返済期間
26年~30年
1.80%
固定期間終了
後の金利優遇
三菱・三井・みずほ▲1.85%

りそな
▲1.7%
三菱・三井▲1.4%

みずほ▲1.85%

りそな▲1.6%)
三菱・三井▲1.4%

みずほ▲1.85%

りそな▲1.6%


※各金利は最優遇を受けられた場合の金利。
実際には審査の結果、お客様によって
金利優遇が異なります。




2016年のスタートは

都市銀行3行が揃って変動金利を

0.625%へ引き下げる衝撃の幕開けとなりました!!


今回の引き下げは、

店頭金利は変わらず2.475%で推移している中

各行が利益を更に縮小し、

金利優遇を拡大したことによる引き下げです。




【2015年12月】
店頭金利2.475%-金利優遇1.7%=実行金利0.775%



【2016年1月】
店頭金利2.475%-金利優遇1.85%=実行金利0.625%





変動金利を0.5%~0.6%台で融資する

ネットバンキングや大手信託銀行に対抗し、

住宅ローン顧客を取り込む戦略と思われます。


今後、銀行の住宅ローンは益々変動金利に集中し、

フラット35など長期固定商品を取り扱う金融機関との

住み分けが進むことが予測されます。





変動金利以外の商品を都市銀行4行で比較。


10年固定は

みずほ銀行が今年から力を入れてきました。

当初10年間の金利のみならず、

11年目以降の金利優遇も

他行より有利となっています。


全期間固定の35年固定金利については

三菱東京UFJ銀行が相変わらず

最も低い金利を打ち出しています。





2015年2月に公的資金返済を終え

商品競争力が出てきたりそな銀行ですが

ここにきて変動金利の優遇施策で再び3行に

遅れをとる形になりました。


いずれにしても2016年のスタートは

変動金利、固定金利ともに引き下げとなり

金利の面では“絶好の借り時”と言えます。

既に返済中の方は

借り換えのチャンスかもしれませんので

金利をチェックしてみてください。