サイトマップ
  • 記事検索

  • Search

  • 今月の金利
  • 今月の都市銀行住宅ローン金利
    今月のフラット35住宅ローン金利
  • 著書のご案内
  • 新・書影jpg.
  • 城彰二さんと対談
  • bプラス対談.jpg
  • 住宅ローン実務研修
  • セミナー情報
  • 講義中

  • 平井FP事務所
  • 〒158-0094
    東京都世田谷区玉川
    1-15-3-406
    直通携帯090-1698-6514
    電話/FAX03-6755-4013
    134.jpg

    面談場所のご案内

  • リロクラブと提携
  • リロクラブ ロゴ
  • FPジャーナルに掲載
  • ジャーナルバナー短い

  • 国際資格のFP
  • CFPロゴ
  • 平井FP事務所
  • 〒158-0094
    東京都世田谷区玉川1-15-3
    直通携帯090-1698-6514
    電話/FAX03-6755-4013
    134.jpg

    面談場所のご案内
  • 市況トレンド
  • FB_IMG_1481184650250
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

冬のボーナスの使い途 「半分以上を貯金」が6割超

東京の独立系FP平井美穂です。

先日、子育てママ向け情報サイト「itmama」に

みんなのボーナスの使い途について

寄稿させていただいたことに関連して

日本経済新聞に載っていた

楽天銀行の調査結果をご紹介します。

以下、2017年12月28日付日経新聞朝刊記事より抜粋。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【楽天銀行による調査 冬のボーナスの使い途】
※対象:2017年12月8日~14日に口座保有者1万6290人にヒアリングした結果

ボーナスの半分以上を貯金・・・・・62%

教育費やローンの返済・・・・・・・23%

家賃や食費など生活費に補てん・・・20%

高額な買い物・・・・・・・・・・・16%







itmamaの記事でもボーナスの使い途第1位は預貯金と

ご紹介しましたが、堅実に貯蓄している人が多いことがわかります。



対象者のうち、

住宅ローン返済中の人がどれくらいいるか分かりませんが、

住宅購入後は貯金できる金額がそれまでよりも

減るのが一般的です。

とはいえ、住宅購入後も

教育費や老後資金のための貯蓄が必要な家庭も多いので

貯金ができる範囲にローン返済額をとどめておく

必要があります。


平井FP事務所のコンサルタントでは

一生涯の家計収支を予測し

お子様が進学する前までに必要な貯蓄額や

定年退職を迎える前までに必要な貯蓄額を

割り出します。

その上で、毎年必要な貯金を確保しつつ

返済できるローン借入額はいくらかを逆算。


ローンの相談だけにとどまらず

漠然としていた教育資金や老後資金が明らかになり

計画的に準備することができるようになるのです。


結婚や住宅購入、お子様誕生など

人生の節目を迎えるタイミングには

是非一度、家計診断のプロによる

キャッシュフロー表提案を受けてみてください。


詳しくはお気軽に平井FP事務所まで

お問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事