• 記事検索

  • Search

  • 平井FP事務所
  • 〒158-0094
    東京都世田谷区玉川
    1-15-3-406
    直通携帯090-1698-6514
    電話/FAX03-6755-4013
    134.jpg

    面談場所のご案内

  • リロクラブと提携
  • リロクラブ ロゴ
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

ソニー不動産の取材協力をしました

ソニー不動産のサイトで

最近の住宅ローン事情について

取材協力させていただきました。


2017年住宅ローン最新事情


住宅ローンの金利を選ぶ時に

「変動」か「固定」かは正解はありません。

将来の金利は誰にも予測できないからです。


投資信託などの金融商品を購入する時と同じで、

相場観、保有資産状況、家計収支を診断した上で、

その家庭(家計)がリスクをどれだけ許容できるかによって

「変動」を選ぶべきか、「固定」を選ぶべきか

決まってきます。


将来の金利が読めないからこそ、

「変動」と「固定」を組み合わせリスクヘッジする

「ミックスローン」が人気となっているのです。


「ミックス借入」だけではなく、

今の低金利下では全額「固定金利」にするのも

一案です。

リスクを許容できる家計ならば

全額「変動金利」でもいいでしょう。

やってはいけないのが、

リスクを全く許容できない家計が

目先の金利の低さだけで変動金利を選ぶケースです。


「変動金利の0.625%なら返せるけど

固定金利の1.2%だと返せない」

という家計は要注意です。


金利選びで迷ったら平井FP事務所までお問い合わせ

ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事