• 記事検索

  • Search

  • 今月の金利
  • 今月の都市銀行住宅ローン金利
    今月のフラット35住宅ローン金利
  • 平井FP事務所
  • 〒158-0094
    東京都世田谷区玉川
    1-15-3-406
    直通携帯090-1698-6514
    電話/FAX03-6755-4013
    134.jpg

    面談場所のご案内

  • リロクラブと提携
  • リロクラブ ロゴ
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS
「日銀、長期金利上限0.2%容認」報道で長期金利が急上昇

一部の銀行で長期固定金利が0.1%~0.05%程度引き上げへ







【10年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
2018年8月実行金利
(前月比)
11年目以降優遇
三菱東京UFJ銀行
0.85%
(不変)
▲1.60%
三井住友銀行
1.15%
(不変)
▲1.40%
みずほ銀行
0.85%
(不変)
▲1.85%
りそな銀行
0.75%
(+0.05%)
▲1.60%







【35年固定金利 都市銀行4行の比較】

銀行名
2018年8月実行金利
前月比
三菱東京UFJ銀行1.59%不変
三井住友銀行1.79%+0.06%
みずほ銀行1.37%~1.77%+0.03%
りそな銀行1.50%+0.10%






【変動金利  都市銀行4行の比較】
金融機関
変動金利
(前月比)
三菱東京UFJ銀行


0.625%
(不変)

三井住友銀行


0.625%
(不変)

みずほ銀行


0.625%
(不変)

りそな銀行


0.525%
(不変)



※いずれも店頭窓口で申し込み、保証料一括払いの場合







7月31日に行われた金融政策決定会合で日本銀行はこれまで

長期金利を▲0.1%~0.1%の範囲に収るよう調整していたものを

今後、上限を0.2%まで許容するとの発表を行いました。

これにより、決定会合の翌日8月1日には長期金利が急上昇し

1日で0.05%から0.129%と一気に上昇しました。


<10年国債の金利の動き>

7月23日 0.086%
7月24日 0.085%
7月25日 0.070%
7月26日 0.091%
7月27日 0.101%
7月30日 0.106%
7月31日 0.050%
8月1日  0.129%
8月2日  0.121%


7月下旬頃から上がってきていましたが

こうした長期金利の上昇を受けて

8月は一部金融機関で

固定期間10年以上の長期固定金利を引き上げる動きが見られました。





ところで、住宅ローン金利が0.1%上がると

月々返済額がどれくらい違うのでしょうか?

りそな銀行の35年固定金利で

4,000万円を35年元利均等返済で借りた場合の比較をしてみます。

融資実行月7月8月
35年固定金利1.4%1.5%
月々返済額120,523円122,473円
総返済額5,062万円5,144万円


月々返済額の差は1,950円

総返済額の差はおよそ82万円です。



返せないほどの打撃ではありませんが

もしも今後じわりじわりと上昇を続けていくとなると

変動金利で借りている場合には

家計への負担がボディブローのように徐々に痛みを増していくでしょう。


過去10年・20年と長期的な視点で見ると依然

住宅ローン金利は低水準を維持しています。



35年という長期間に渡り返済を続けるので

金利を低いうちに固定したいと考える人は

低金利のうちに金利を固定する最後のチャンスかもしれません。



住宅ローンの金利選びでお悩みの方は

元不動産業者であり元銀行員である住宅ローン専門の独立系FP

「平井FP事務所」までお問い合わせください




(※)民間住宅ローンの利用者の実態調査2017年度第2回







フラット35の金利はこちら⇒2018年8月住宅ローン金利(フラット35)
過去の金利情報はこちら⇒都市銀行 過去の住宅ローン金利

8月のフラット35は金利据え置き

35年固定 1.34% (自己資金1割以上・返済期間21~35年)








【フラット35 8月実行金利】

<融資額9割以下>
返済期間適用金利
21~35年1.34%(前月比 ▲0.03%)
15~20年1.29%(前月比 ▲0.02%)




<融資額9割超 >
返済期間適用金利
21~35年1.78%(前月比 ▲0.03%)
15~20年1.73%(前月比 ▲0.02%)





※フラット35は自己資金の割合や、返済期間によって適用金利が異なります。

※フラット35は取扱金融機関によって金利が異なります。
 表示は最低金利で取り扱っている金融機関ものです。

※フラット35は融資実行時(引渡時)の金利が適用となります。






「フラット35S」適用物件は

当初10年間または5年間▲0.25%の金利優遇


「フラット35S」・・・省エネ・耐震性・バリアフリーなど
            
            性能面で特に優れた良質な住宅向けに

            当初10年間、もしくは5年間金利を優遇する制度



〈フラット35S(高性能住宅)とフラット35(一般住宅)の金利〉
融資額割合
と返済期間
フラット35S
(Aプラン)
フラット35S
(Bプラン)
フラット35
(一般住宅)
融資額9割以下
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.09%

(11年目以降)
1.34%
(当初5年間)
1.09%

(6年目以降)
1.34%
(全期間)
1.34%


融資額9割以下
返済期間15~20年


(当初10年間)
1.04%

(11年目以降)
1.29%
(当初5年間)
1.04%

(6年目以降)
1.29%
(全期間)
1.29%


融資額9割超
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.53%

(11年目以降)
1.78%
(当初5年間)
1.53%

(6年目以降)
1.78%
(全期間)
1.78%


融資額9割超
返済期間15~20年


(当初10年間)
1.48%

(11年目以降)
1.73%
(当初5年間)
1.48%

(6年目以降)
1.73%
(全期間)
1.73%









8月は日銀の政策決定会合の結果を受け

銀行住宅ローンの長期固定金利が概ね引き上げとなった中、

フラット35は7月の金利のまま据え置きとなりました。

8月下旬の長期金利の動き次第ですが

9月はフラット35の金利も引き上げられる可能性が高くなっています。

2年前から比べるとじわりじわりと上がってきてはいますが

以前低い水準をキープしています。

「借入金利は金利が低いうちに長期固定する」

といった基本原則からすると

35年固定が1%台前半の今は

まだまだ長期固定金利を選ぶ魅力は高いと言えるでしょう。



     <フラット35 過去の金利推移>


過去最低金利・・・0.9%(2016年8月)

過去最高金利・・・3.17%(2004年8月)
         5.50%(1991年7月)(「旧公庫」時代)

平均値(※)・・・2.19%(過去15年の平均値)






フラット35は住宅ローンの中でも複雑な商品です。

フラット35にするべきか、

それとも他の銀行の長期固定にするべきか、

はたまた変動金利にするべきかなど、

住宅ローンでお悩みの方は平井FP事務所まで

お問い合わせください。





8月の都市銀行の金利はこちら⇒2018年8月住宅ローン金利(都市銀行)

過去の金利情報はこちら⇒フラット35 過去の金利




関連ブログ↓

フラット35Sの認定基準

2017年10月『フラット35』制度改正 団信料金利組み込みに!!

[画像:]

一進一退の住宅ローン金利

7月のフラット35は前月比▲0.03%

わずかに引き下げへ






【フラット35 7月実行金利】

<融資額9割以下>
返済期間適用金利
21~35年1.34%(前月比 ▲0.03%)
15~20年1.29%(前月比 ▲0.02%)




<融資額9割超 >
返済期間適用金利
21~35年1.78%(前月比 ▲0.03%)
15~20年1.73%(前月比 ▲0.02%)







※フラット35は自己資金の割合や、返済期間によって適用金利が異なります。

※フラット35は取扱金融機関によって金利が異なります。
 表示は最低金利で取り扱っている金融機関ものです。

※フラット35は融資実行時(引渡時)の金利が適用となります。






「フラット35S」適用物件は

当初10年間または5年間▲0.25%の金利優遇


「フラット35S」・・・省エネ・耐震性・バリアフリーなど
            
            性能面で特に優れた良質な住宅向けに

            当初10年間、もしくは5年間金利を優遇する制度



〈フラット35S(高性能住宅)とフラット35(一般住宅)の金利〉
融資額割合
と返済期間
フラット35S
(Aプラン)
フラット35S
(Bプラン)
フラット35
(一般住宅)
融資額9割以下
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.09%

(11年目以降)
1.34%
(当初5年間)
1.09%

(6年目以降)
1.34%
(全期間)
1.34%


融資額9割以下
返済期間15~20年


(当初10年間)
1.04%

(11年目以降)
1.29%
(当初5年間)
1.04%

(6年目以降)
1.29%
(全期間)
1.29%


融資額9割超
返済期間21~35年


(当初10年間)
1.53%

(11年目以降)
1.78%
(当初5年間)
1.53%

(6年目以降)
1.78%
(全期間)
1.78%


融資額9割超
返済期間15~20年


(当初10年間)
1.48%

(11年目以降)
1.73%
(当初5年間)
1.48%

(6年目以降)
1.73%
(全期間)
1.73%










マイナス金利が導入された2016年2月と比べると

長期金利は若干上昇していますが

依然日本の住宅ローン金利は

35年固定でも1%台前半と

低水準を維持しています。


     <フラット35 過去の金利推移>


過去最低金利・・・0.9%(2016年8月)

過去最高金利・・・3.17%(2004年8月)
         5.50%(1991年7月)(「旧公庫」時代)

平均値(※)・・・2.19%(過去15年の平均値)




フラット35は住宅ローンの中でも複雑な商品です。

フラット35にするべきか、

それとも他の銀行の長期固定にするべきか、

はたまた変動金利にするべきかなど、

住宅ローンでお悩みの方は平井FP事務所まで

お問い合わせください。





7月の都市銀行の金利はこちら⇒

過去の金利情報はこちら⇒フラット35 過去の金利




関連ブログ↓

フラット35Sの認定基準

2017年10月『フラット35』制度改正 団信料金利組み込みに!!

[画像:]

2018年7月の都市銀行住宅ローン金利は

長期固定金利で若干の引き上げが見られる金融機関もあるものの

概ね6月と変わらず据え置きとなりました






【10年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
2018年7月実行金利
(前月比)
11年目以降優遇
三菱東京UFJ銀行
0.85%
(不変)
▲1.60%
三井住友銀行
1.15%
(不変)
▲1.40%
みずほ銀行
0.85%
(+0.05%)
▲1.85%
りそな銀行
0.70%
(不変)
▲1.60%







【35年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
2018年7月実行金利
前月比
三菱東京UFJ銀行1.59%+0.04%
三井住友銀行1.73%不変
みずほ銀行1.34%~1.74%+0.01%
りそな銀行1.40%不変







【変動金利  都市銀行4行の比較】
金融機関
変動金利
(前月比)
三菱東京UFJ銀行


0.625%
(不変)

三井住友銀行


0.625%
(不変)

みずほ銀行


0.625%
(不変)

りそな銀行


0.525%
(不変)




※いずれも店頭窓口で申し込み、保証料一括払いの場合




住宅金融支援機構の調査(※)によると

このところ住宅購入時に住宅ローンを新規借入する人の中で

変動金利を選ぶ人が増えているようです。

10年前は変動金利を選ぶ人が2割程度しかいなかったのが

2017年下期は変動金利を選ぶ人が5割を超え過去最高となっています。


マイナス金利の影響で

金利先高感が薄れていることが主な原因でしょう。


一方で、2000年頃から住宅ローンに力をいれはじめた銀行が

変動金利を主力商品に掲げ

激しい金利競争を続けていることも大きく影響していると感じます。


二十数年前には金利優遇などなかったのが

だんだんと金利の値引きをする銀行が出始め

あれよあれよいう間に金利優遇が拡大していったのを

間近で見てきましたが

その時々で金融機関の姿勢も住宅ローン金利も

めまぐるしく変化しています。


フラット35の金利が長期金利に連動して決まるのに対して

銀行ローンの金利は各銀行の戦略によるところが大きいので

より複雑です。


同じ時期でも、

変動金利を一段と引き下げている金融機関もあれば

過度な金利競争から離脱して金利では勝負しない金融機関もあります。



平井FP事務所では

得な住宅ローンの選び方のほか

変動金利・固定金利それぞれのメリット・デメリット

またそのご家庭にあった金利の選び方などを

アドバイスしています。


住宅ローンの金利選びでお悩みの方は

元不動産業者であり元銀行員である住宅専門の独立系FP

「平井FP事務所」までお問い合わせください




(※)民間住宅ローンの利用者の実態調査2017年度第2回







フラット35の金利はこちら⇒2018年7月住宅ローン金利(フラット35)

過去の金利情報はこちら⇒都市銀行 過去の住宅ローン金利

2018年6月の都市銀行住宅ローン金利は

長期固定金利が若干の引き上げ

変動・短期固定は据え置き。

          




【10年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
2018年6月実行金利
(前月比)
11年目以降優遇
三菱東京UFJ銀行
0.85%
(+0.05%)
▲1.60%
三井住友銀行
1.15%
(+0.05%)
▲1.40%
みずほ銀行
0.80%
(不変)
▲1.85%
りそな銀行
0.7%
(不変)
▲1.60%

※いずれも店頭窓口で申し込み、保証料一括払いの場合







【35年固定金利 都市銀行4行の比較】
銀行名
2018年6月実行金利
前月比
三菱東京UFJ銀行1.55%+0.06%
三井住友銀行1.73%不変
みずほ銀行1.33%~1.73%+0.03%
りそな銀行1.40%不変

※いずれも店頭窓口で申し込み、保証料一括払いの場合






【変動金利  都市銀行4行の比較】
金融機関
変動金利
(前月比)
三菱東京UFJ銀行


0.625%
(不変)

三井住友銀行


0.625%
(不変)

みずほ銀行


0.625%
(不変)

りそな銀行


0.525%
(不変)


※いずれも店頭窓口で申し込み、保証料一括払いの場合










アメリカの金利が上がっています。

アメリカ政策金利過去18年
【出所:株式会社ディーボ日経平均株価AI予想

リーマンショック以降ゼロ金利政策を行っていたFRB(米国中央銀行)が

7年ぶりに利上げを決定したのは2015年12月。

以降、景気が良くなってきたので段階的に引き上げ

リーマンショック前の正常の状態に戻していっているのですが

4月・5月は米国10年国債の金利が上がったり下がったり急変動しました。

米国10年債金利過去3ヵ月
【出所:株式会社ディーボ 日経平均株価AI予想

新聞にも米国金利の動きがよく取り上げられていましたが

日経新聞の一面に「米国金利急上昇!!」という記事が出ると

当事務所にも

今変動金利で借りている人やこれから住宅ローンを借りようとしている人から

「日本の住宅ローン金利も上がりますか?」という

問い合わせのメールや電話が増えます。


日本では日本銀行が物価2%上昇の目標を達成するまで

金利をあげないようにしているため

当面は上がりそうにもありませんが

10年後・20年後はどうなるかは予測がつきません。


よく「金利を上げてしまうと国は膨大な借金を返せなくなるので

利上げはないだろう」という人もいますが

長期的には何が起こるかは誰にも予測がつかないと思います。


なので、金利が上がるか下がるかという議論をするよりも

上がった場合のリスクを考えて

備えをしておくのが建設的ではないでしょうか?


平井FP事務所では

住宅ローンの変動金利・固定金利それぞれのメリット・デメリット

またそのご家庭にあった金利の選び方や

変動リスクに対する防衛策などをアドバイスしています。


住宅ローンの金利選びでお悩みの方は

元不動産業者であり元銀行員である住宅専門の独立系FP

「平井FP事務所」までお問い合わせください





フラット35の金利はこちら⇒2018年6月住宅ローン金利(フラット35)

過去の金利情報はこちら⇒都市銀行 過去の住宅ローン金利

次の5件 >>